上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣立ち5日目の朝の3羽
巣立ち5日目の朝。電線下に子1、片足っ子。上に子2。(子1・2は区別つかず^^;)

約10年ぶりに我が家にやってきたツバメカップルの子育ては終盤に差し掛かっておりました。
巣立ちから3日目~4日目も順調に過ぎてゆき、7月31日。
朝の日課になっていた彼らの観察も巣立ちから無事5日目を迎えました。
片足っ子もがんばっております。そんなにグラグラして大丈夫なん?風が吹いたらどっかに飛ばされやしないだろうな?
毎朝彼らを確認できた後の安堵とともに、どうしても片足っ子が心配でならず。
しかし、これまで落鳥せずにこれたのだからきっとこのまま生き抜いてくれるはず!と思い見守る日々でした。


おおぅ!!??
片足ツバメっ子が両足で握っておる!
右側の片足っ子に注目!

不自由な左足がちゃんと電線に乗って、しかも握っているように見える!


おっとっと!(片足っ子)ツルリ
握りそこねたよ

左足の付け根が折れているだけで、足先の神経は生きているようでした。
上手く電線に乗れば、握力は弱いながらも握っていられるようです。確実に術を身に付けてきている片足っ子。
ツバメ関連サイトを見歩いたところ、片足でも子育てを行う成鳥が確認されています。
さらに、ツバメは元々足が弱いため、ほとんど地面に降りて歩くということをしないそうです。
不自由ながらも止まるコツを見つければ、ツバメにとって命に係わるハンディではないことが分かりました。
実に希望が持てる事実!
右風切り羽の痛みが気になりますが、これも体を支えれるようになればメンテナンスができると信じることにしました。
この調子で頑張っておくれ。


ピギャー!(メシメシー!)(片足っ子)
腹ヘリコプターです!
またまた親ツバメにエサをおねだり中です。


まだまだ甘えんぼだわね(母ツバメ)
かあちゃん綺麗
クチバシ下の色が鮮やかな成鳥。燕尾の長さで雌と分かります。


むーん(父ツバメ)                         くれったらおくれよー(片足っ子)
腹減って死ぬるかもしれん~
燕尾が長い雄ツバメ。子を完全無視っております。
片足っ子が父さんにご飯クレーー!と腹減りアピールするも父スルー。もうあげないよと、自分でエサを取るように促します。

このころから、親ツバメが運んでくるエサを受け取る際、飛び立ち空中キャッチするようになっていました。
また、親ツバメはこのようにやや突き放すが如く相手にしない行動も見れるようになりました。


わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい(父ツバメ)
父ツバメ物思いにふける
父ツバメ、子の将来を思ふの図。実はただの羽休め(笑)


頑張る腹減りアピール(片足っ子)
片足っ子はあきらめませんよ!
これだけ諦めが悪かったら(笑)きっとたくましく育つはず。


腹減ったな~エサ探しに行くかな~(ツバメっ子一同)
ツバメ幼鳥3羽は腹減り中
この電線のすぐ目の前は田んぼ。彼らの丁度よい練習場になっています。(2階から撮影)


8月1日。巣立ち6日目の朝。
台湾をなぞるように進んだ台風9号の影響で風が強くなり、3羽のツバメっ子にとって初の試練となりました。でも!!

おはようございます(片足っ子)
無事6日目の朝です
おばちゃん、安心した!


今日も腹いっぱい食べるぞー(片足っ子)
いつもと変わらず元気です
強風は最大の敵。よく耐えたね!

ただ、この日はいつものように電線に止まったのは片足っ子1羽のみ。
そして片足っ子もしばらくして飛び立ち、巣立ち6日目の夕方は1羽も帰ってきませんでした。

8月2日。巣立ち7日目の朝。

どーもー(ツバメっ子1)
ツバメっ子1元気な姿を現す
お!ツバメっ子1よ!調子よさそうじゃな!


おかげさまで!(ツバメっ子2)
ツバメっ子2も一緒に元気です
ツバメっ子2も一緒に里帰ってくれました。

父ツバメと子ツバメ2羽が飛来。片足っ子がいません。引き続き強い風の影響があったか、乗り越えたと思ったが・・・。
最悪落鳥も考えつつ、いったん家に入りしばらくして再度電線を見ると、3羽と入れ替わりに片足っ子が電線に止まっていました。
いや~安堵。ひとり立ちへの道を順調に歩む3羽を確信した翌日8月3日朝。
この日の朝からツバメ一家は姿を見せなくなりました。巣立ち8日目がお別れの日となりました。

夕方、庭でテータラと遊んでいると、群れをなしたツバメの一群がねぐらに一斉に帰って行きます。
田園散歩道でも、たくさんのツバメの群れを見ることができます。
巣立ってから2週間ほどで自分でエサを取れるようになった若ツバメたちは、その年生まれた他の若ツバメたちと渡りの日まで一緒に暮らすそうです。
その中に、ツバメっ子たち3羽もきっといるであろうな。と思っています。

生後1年の生存率が非常に低い彼らですが、力強く生き抜いて来年も帰ってきてほしいと願っています。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. wish母 | -

    お~くみぞ~さん!
    わ・わ・私は、めちゃ感動しましたぞよ!
    くみぞ~さんの愛と鋭い洞察力に感心すると共に、私も共につばめ一家の成長を見守らせてもろうた一時…
    幸せじゃわぁ(*^_^*)

    夏休みの自由研究“金賞”なり!

    ( 20:04 )

  2. くみぞー | -

    Re:wish母さんへ

    こんにちは!
    鳥好きにはたまらんじゃろ~ぅ♪
    ツバメっ子たちの巣立ち記録にお付き合いいただきありがとうじゃ!
    そう言っていただけると、うれしいぞよ。
    ものすごヤキモキしたんよ。野生じゃけん手は出せん。
    何かあっても受け入れんとと思いつつ、どうか無事でと祈る日々じゃったわ。
    金賞いただき(笑)

    ( 16:22 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。