上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11。大震災から4日目。救助活動や物資輸送が本格化する中、被災地ではまだまだ孤立化されている避難所や、支援物資の到着がいまだない箇所も多いという情報も。反面、我々の目の前にはこれでもかと情報は提供され、むしろ溢れすぎ、真偽の精査も必要な状況。
知り合いの方・愛犬の安否は確認できた。さて、次になすべきことは何か。

米を作っている個人農家であれば、必ず自家用の米を備蓄しているのが通常。我が家も小規模ではあるが、くみぞー旦那がえっちらおっちらとこさえた米がある。
わたしは米を送りたいのである。
ただ、このような機に乗じて、悲しいかな偽善な輩が必ずひょこり顔を出すもの。流石に米をくすねてやろうとする輩はそうそういないと思うのだが、必要な場所に必要なものを確実に届けたい。被災地の県のHPを見ても個人レベルの援助物資は受け付けないところも多い。
そこで地元の県市町村の窓口への申し出を考えた。

丁度昨日、岡山県が義援金並びに支援物資を受け付ける窓口を設けたというニュースを見た。
さらに本日、岡山県内の全市町村の長が集まり、支援物資受付の窓口を岡山県に一本化する旨、方針が示された。しかし残念ながら、食料については受付対象外。もしかしたら今後可能になるかと思い、本日県の担当課に電話で問い合わせてみた。

く:昨日のニュースで見たが、支援物資に食料は含まれないのか?
県:はい。現時点では含まれない。
く:なぜ?
県:被災地から遠距離にあり、衛生上の問題で食料品の受付は行えない。
く:米を送りたいのだが。今後受付の可能性はあるか?
県:現時点では未定。
く:物資はどの県にいつ届くか決まっているのか?
県:決まっていない。どの県へいつ送るかは、受入れ状態が整った県からの要請待ちであり、現在調整中だ。
く:分かりました。ありがとうございました。
県:問い合わせ、ありがとうございました。

米にそこまでこだわらんでも、と、思うのだが、わたしと同じように米送りたいと思っている方々も多いらしい。日本人、おにぎりは元気の源のひとつ。可能になればぜひ協力したいと思う。

西日本に住まう者として、我が家で思う支援の在り方。
義援金の募金並びに必要物資の提供。そして、ふつうに生活すること。むしろいつもよりお金を使い今まで以上に経済活動に力を入れること。働き、そして使う。大袈裟だけれども、西日本は経済活動をより活性化させにゃならんと思います。自粛すべきところと、そうでないところを自分のできる範囲で考えていきたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. buhi84shin | bd.AZffc

    ニュースを見ながら、もどかしい気持ちになるのは私も同じです。
    しかし、政府の体制が、災害時のマニュアル通りでないと動けないようでは終わってます。
    市町村が連絡が取れない事態なのだから、政府が判断して、何が必要か考え行動すべきですよね。
    災害物資は格納庫にあるのに、市町村からの要請がないと出せないなどとぬるい事などいわず、早急に対応していただきたいですよね。
    あぁ~ 熱く書き過ぎた。

    ( 10:58 [Edit] )

  2. くみぞー | -

    buhi84shinさんへ

    こんにちは!
    まさにおっしゃるとおりです。すでに各県の窓口には、物資がまとまりつつあるようです。
    県担当者も困惑されていることでしょう。
    先ほどもニュースで、港に物資輸送船が到着したものの、被災地の自治体との連絡不足で、搬入するトラックが用意できず、物資は下せない事態が。このような事を避けるため要請を待っての対応を取っている可能性もありますが、そこまで物資が来ているのにー!とorz
    政府批判は今はすべき時ではないと思っていましたが、限界点ですね。いつ強力なリーダーシップと大胆な援助作戦策を打ち出してくれるのか。(と書きつつ期待できない悲しさ)
    また福島でも屋内待機を強いられている方々への食糧・水不足が心配です。本当にもどかしいですね。わたしも熱くなってしまいます。

    ( 17:53 )

  3. さぎっちょ | ah7P.U7s

    こちらの自治体でも物資の受付はやっていないようです。
    もどかしい気持ちは有りますが、1歩離れた立場で考えると、もっともなんですよね。
    支援物資は個人から贈られる数ではとても配布できる程の量にはなりません。
    しかも輸送手段も確保できない状況。
    保管場所もかなり必要になりますし、避難所に配布する手段もないに等しい。
    恐らく現在必要とされている物資は被災者の方にとっては嬉しいものなんでしょうが、
    今届かないのでは何にもなりません。
    そういう意味ではお金が一番なのかな?と思いますが、
    これもいくら気持ちの問題と言えども個人で募金できる金額は高が知れていますよね。
    私も職場で義援金の募集があったのでわずかばかり寄付をさせていただいたのですが
    「飼い主とはぐれてしまったワンコのフード代にでもなれば」と思ったものの、それにも全然届きません。
    こちらでも、食料や電池等スーパーや家電販売店から消えている状況です。
    もちろん被災地に送りたくとも手に入らない状況です。
    店舗側の説明では、商品が入荷しても被災地の店舗に優先的に納品するので、
    こちらの店舗での入荷は未定とのこと。
    でも、それで良いと思います。私達は退屈で平凡な幸せな毎日を送ることができるのですから。
    少し位の不便さは我慢する。それも支援のひとつの形だと思います

    ( 22:19 [Edit] )

  4. Bridge | -

    今日、岡山市が物資の受付を開始したとの報道を見ました。
    でも、種類限定でしたね。
    カップ麺はOKでしたが、米はだめなよう・・・
    水やお茶も、500ml限定だったなぁ・・
    私が送りたかった毛布は、必要ないらしい。
    くそう、新品がいっぱいあったのに・・・

    私の次の目標は、数か月後の献血です。
    今みんながしてる献血の血液の(血小板あたり目安で)期限が切れたころ、やります。それまで、血液温存!
    一回抜いたら、しばらく血抜けませんからねぇ。

    今は、こつこつ募金します。

    ( 10:31 )

  5. くみぞー | -

    さぎっちょさんへ

    こんにちは!
    お会いできて楽しかったです!ありがとうございました。
    雨が本当に残念でしたね・・・。
    物資は徐々に満たされてきているようですね。
    物が滞りなく必要な方の手元へ届くことを祈っています。
    今後は避難所から、次の生活の場の確保が課題のようですが
    各都道府県で受入れ体制が整っているようで、岡山県も募集していましたが
    開始早々半分ほど埋まったとHPにありました。
    時間が経つにつれ、必要な支援も変わってくるのでしょうね。
    少しくらいの不便さは我慢。。わたしも賛成です。
    それに慣れればそれが日常ですもんね。

    ( 12:54 )

  6. くみぞー | -

    Bridgeさんへ

    こんにちは!
    それぞれの自治体でかぶらないように、支援物資の調整が
    行われているのでしょうか。
    米は、農水省大臣が備蓄は十分ある!とかテレビで言ってましたが
    ほな、ただちにお届けせよ!なんならお前がいけ!と
    ひとりイラだっておりましたが、今この時に必要なところに無ければ
    何の意味もないと思うのですがねぇ。
    毛布そんなにあるんですか!
    献血も、Bridgeさんのおっしゃるとおり、数ヶ月後がよろしいかと思います。
    血、温存しといてください!
    こつこつとその時々でできることをしていきたいですね。

    ( 13:01 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。