上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴーすけにはたかれた鼻の頭の傷も癒えた先週の土曜日12月4日。くみぞー家揃っての休日は、ぶらり探訪が定番です。朝、くみぞー旦那開口一番「海だ。」「しかも、テーオが見たことがない海だ。」と申されまして、テーオまだ見ぬ『冬の海』目指して鳥取県米子から境港へ、そして島根半島日帰りぶらり旅となりました。

うっひょーー(テ)
ふひょ~う
ついでにわたしもうっほーーー!

冬の海と言えば、THE 日本海。テーオ地方から車で2時間少しの弓ヶ浜から見る荒波は、堤防の随分手前からでも砕ける白波を舞い上がらせておりました。その荒々しさは雄々しくもあり、わたしの脳内バックグラウンドミュージックはすっかりコブシ回るメロディに乗っ取られておりました。で、当のテーオはと言うと…。

燃えて、キタ━(゚∀゚)━!!(テ)
うっひょー!
日本海の荒波に漢(おとこ)心に火が付いた模様。

そうなればアレは避けられん。いたしかない、やるか。
今思い付いた感を醸し出すも、実は、はなっからアレがやりたかったのでは?という疑惑は自ら打ち消し、くみぞー家、テーオと荒波のコラボで意見が一致。

あの波をものにせよ(旦) やるで!やったるで!(テ)
よっしゃー!
荒波=背負う。です。(断定)

冬、大陸からの冷たい季節風が直接吹き付ける日本海側沿岸は波が荒く高くなります。ここ弓ヶ浜半島では、海岸線に沿って点在している巨大なテトラポットにより、その手前で崩れた波は、激しく打ちつけられそして砕け、冬の独特の情景をさらに増す、そんな演出をしてくれるのです。
この素敵な冬の海と戯れずして、これをカメラに納めずしてどうする!行け!テーオよ、荒波背負ってくるのじゃー!

ラジャー!(テ)
ゴーゴー!!
あり??(テ)

背に波は無し。しかし荒波は消え去ることなく、きっと漢(テーオ)を待っている。いつまでも。いつまでも・・・。心で呟きつつ、次の波を待つ人と犬。そんな我々の背後で海を見ていた親子はいつの間にやら何処へ。こいつら何やっとんじゃと思われようともなんのその。絶好の荒波背負いタイミングを狙い、その辺に転がっている何やらかんやらを放り投げ、持って帰るという仕事にいそしむ、波攻略に必死な一行。

とりゃー(テ)  ビヨーン
おっすぃ~!
はりゃ?(テ)

惜しい!タイミング若干早し!しかし徐々に波との呼吸も合ってきました。何分かおきにやってくる、特別大きな荒波を背負った時、この演歌的な情景は完成を迎えるのである。

「漢」の生き様見せちゃる(テ)
燃えてきたー!
我が息子よ、見せてくれ!

そして、その瞬間(とき)はやってきました。宣言どおり、とうとうテーオは荒波を自分の手中に、彼は漢(おとこ)となったのです。

ん~~~波の~(テ)
やれそれー!

っ谷間にィ~~♪(テ)
わっせーい!

命の~~っ花んが~(テ)
んどっこいしょー!
コブシ回りまくる、まさかの鳥羽・テーオ・一郎登場に父ちゃん母ちゃん感涙。(うそ)

燃えたわー(テ)
れいんぼーぅ♪
光の反射と屈折のマジック。小ぶりな虹とのコラボでメルヘン・テーオ・ボーイにも変身。

この日、満潮時刻間近なうえ強風も手伝い、遠近感無視した波をかなり間近に感じる絵となりました。ほど近くの立ち入り禁止の浜では、こりゃ海の藻屑と化しそうな勢いで近づけん!な状態ながらも、堤防で釣りをしている人もちらほらおり、まさか嫁(海好き娘、ブランカさん)が釣れまいな、などと妄想膨んだのも、ぶらり旅の思い出。(テーオが荒波背負ったポイントはこの辺り。)
さて、一行は浜から見えたある物体を次なる目的地と定め、車を走らせ向かった先は・・・。ぶらり旅はもう少し続く。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. さぎっちょ | ah7P.U7s

    日本海と言えば荒波。
    内海である有明海の「のほほ~~ん」さとも太平洋の「明るさ」とも違う、どこか陰を背負った男の海ですよね。テー様、「ん・浪の谷間に~~命の花が~~!」と唸るにはやはりさらしは必需品ですよ!!
    お腹の冷えも防げて男らしさもアピールと一石二鳥ではないですか?しかし冬には海から上がった後乾かないさらしで冷えが増すかもしれません・・・
    またひとつコスプレバリエーションが増えましたね。さらしにねじり鉢巻に白足袋。でもちょっと間違えたらクールポコです。くみぞーさんのセンスの見せ所ですよ~!

    ( 20:43 [Edit] )

  2. ピース | -

    すごい すご~い!
    日本海&テーオくんすごい!! 
    荒波に向かうテーオくん キマッテます☆
    激走のショット鳥羽曲ハマリ過ぎです!

    ( 08:28 )

  3. Bridge | -

    いいですね~、荒波。
    ブランカにも背負わせてやりたいところですが、これ、間違いなく寒いですよね・・・
    私が耐えられんような気が・・・・

    もし荒波実現した時には、ブランカのテーマ曲は『アンコ椿は恋の花』にしたいと思います^^

    ( 10:07 )

  4. さいたまんぞー | -

    映画会社の2文字がでてきそうな?
    カメラ上手になったねぇ~(上目線)
    景色も最高だけど、随分時間かかって風邪ひいたのでは?

    ( 19:41 )

  5. くみぞー | -

    さぎっちょさんへ

    こんばんは!
    まさに冬の日本海でしたわ。
    そうなんですよ。テーオ地方は思いっきり内海ですから、波は至って
    おだやか~なもの。という日常から、この荒波の別世界は実に刺激的。
    太平洋とも違うんですよね。どちらも水平線が美しいのですが。
    島国だな~としみじみ感じた次第です。
    また演歌に歌われる多さも納得の風景ですよね。
    NEWコスプレ日本男児は和太鼓叩くあのコスチュームですね。
    了解しました。で「やっちまったなぁ」って言いましょうかね。
    あ、あとあの胸毛はある意味憧れのテーオです。(笑)

    ( 20:20 )

  6. くみぞー | -

    ピースさんへ

    こんばんは!
    演歌歌うホワイトシェパード(笑)新境地を開拓となったでしょうか^^;
    ぜひともピース兄さんも歌いそして、波を背負いましょう!
    「漢ふたり荒波慕情」でテーオとデビューしませんか?(題名即興)
    もちろん師匠は鳥羽氏で!

    しばらくして、この荒波にも慣れてきたのですが、初めはコワ!でした。
    が、次第に楽しくなり^^
    これから真冬になると今度は吹雪が追加で・・・テーオ付きあってくれるかな~(笑)

    ( 20:33 )

  7. くみぞー | -

    Bridgeさんへ

    こんばんは!
    テーオが波を背負っている風景を撮りつつも、ここにブランカさんがおったなら・・・。
    「テトラポットを咥え浜まで持って帰ります!」
    「ついでに、エーゲ海に飾りたいです!」と、荒波ダイブ確実!と
    考えてしまいましたがん。
    はい。きっとBridgeさんは鼻水ノンストップの、全身桐バイ状態だったと思われます。
    でも、日本海の冬の本番はこれからですよ~。
    雪降るころ、『兄弟船』と『アンコ椿は恋の花』をデュエットしに行きますか!
    嫌じゃ!と即返答されそうなな・・・。

    ( 20:42 )

  8. くみぞー | -

    さいたまんぞーさんへ

    こんばんは!
    (爆笑)
    いきなりの爆笑、すいません、さいたまんぞーさん。つい。。。
    まさかの登場に、若干、いや、ものすご浮き足立ったではありませんか(笑)マジウケです。

    ふふふ。数を打てば何とかですよ。
    霧雨ならぬ、霧潮をかぶりながら、こ1時間はやっていたと思われます。
    が、風邪引かなかった・・・。結構丈夫に出来ております(笑)
    しかもこの後さらに強風に煽られに行ったという・・・。

    ( 20:59 )

  9. miria | -

    日本海はこの波がと演歌ですよね~♪
    しかしそこにテーオ君てのがこれまたミスマッチでいいのかも~
    しかし何をしてもサマになるテーオ君・・・
    ここに坊ちゃんだと、まんまですものね~
    今回も大笑いさせていただきました!満足のポチ

    ( 06:51 )

  10. くみぞー | -

    miriaさんへ

    こんにちは!
    日本海と演歌、似合いますよね~。
    題材にされる訳です。身をもって感じてきました。
    テーオは晴れて演歌界にデビュー(笑)
    本犬はヒップホップがいいYO!と言ってますが却下です。
    いやいや(照)
    浜っ子のグラ坊ちゃんにはかなわんですよ。
    サーファーグランツ!ロングボードの上で、テケテケテケテケ(ベンチャーズ)を奏でるグラ坊ちゃん。
    かっくいー!(妄想過多)
    田舎っぺテーオは指加えて、今日も演歌を口ずさむ…(笑)

    ( 12:21 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。