上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらりぶらりとあてもなく、思い立ったが上吉日。テーオ地方を歩きゆく。テーオの地元探訪記。
(テーマ曲は「吉田類の酒場放浪記」でお願いします)
さて今回は。ある方のレポをヒントに、ちょっと体も動かしたい。そんな晴れた日の休日。行ってきましたぶらり地元探訪。

地蔵めぐりか(テ)
約1時間半のコース

いやいや。ある意味そうかもしれんけど。お地蔵さんがポイント地点となり、これから始るであろう山歩きの憩いとなるのだよ。と言うか、お地蔵さまにしっこひっかけんなよ!と、テーオと強く約束を交わし、我々は足を踏み入れたのです。「鬼ノ城山」へ。
スタート地点の鬼ノ城ビジターセンターまで車で入山。山歩き会のツワモノご婦人方は遥か下の方から徒歩で上がって来られてましたが、あくまでもビギナーであることを勝手に主張する我々。だって車でも急な坂、到着前にダウン確実。しかし弱気になってはいられません。古代神秘スポットと言われる鬼ノ城山に挑戦するのですから!
根本的に心のおもむくがままに身を委ね、そして楽しむぶらり探訪(いわゆる無計画)。駐車場から真っ二つに分かれた入山コースも「こっちの方がちょっとワイルドそうでおもしろいかもしれぬ。」という根拠無き妄想のみで決定。ではテーオよ、いざ行かん!!

しょっぱなからワインディングローード!(く)
も、もう止めるか・・・?

妄想が現実に。実はこちら鬼ノ城の北側ある犬墓山という別の山でして、鬼城山(397m)より47m高い山。帰って調べて初めて現実を知ることに。

あそこで嫁(ブランカさん)が遊んどったね(テ)                 ↓ココ
山違いか??

向こうの山には見たことのある建物が。そう。テーオの言うとおり、鬼ノ城西門が見えます。確か嫁と義母様はこの西門で当初の山頂の城を拝むという目的を見失い、ぐるりと一周、そして帰りに迷子になったという。まさに神秘スポットの魔力。我々も気をつけねばな、テーオよ。

ところでとーさんはこれからコンビニにでも行くんかな?(テ)
つっかけ上等!

これも魔力のせいかもしれない。きっとそう。それ以外に考えられない。くみぞー旦那つっかけでウォーキングって。むしろ、この山坂をその履物で耐えれること自体が神秘。そう前向きに考え、南に広がる絶景に息を整え、さらに進むことしばし。

ぴょこっ(テ)
山犬のものまね

山を穢すは許すまじ~(テ)
テー山犬

汐差岩の上で山犬になりきるテーオ。どうやら巨石群を巡るウォーキングコースに突入した模様。歩を進めるごとに、現れる巨大な一枚岩。岩の特徴それぞれに名前がついております。

かーさんサボってますよ(テ) あ゛ー!休憩!!(く) @鬼の餅つき岩
えぇベットじゃ~

ここからの眺めもまた最高。ほとんど獣道のような山道を調子よく歩くテーオにつられて到着したのは岩屋寺というスポット。丁度コースの西の端に位置するこの場所は、森の気が満ちているような雰囲気でした。

えぇ桜吹雪じゃ~ぁ(テ)
い、いまごろ??

深い森には今だ山桜が舞っているという・・・。
うそです。大うそです。なぜなら超過去日記であるからです!!!(このあたりはすっきりスルー願います)
ということで(話をまとめに入りました)、ここを折り返し地点とし、さらに「ここ道?」みたいなルートで無事鬼ノ城ビジターセンターへ帰還。約1時間半のウォーキングとなりました。
実際は、もっと長く森にいたような。ゆっくり時間が流れている感覚。それは海で過ごす時間にも似ていると感じました。

じゃ、もっかい行こー(テ)
しゃもじ舌が満足気

張り切るテーオに次回は城コースだと約束し、鬼ノ城を後にしました。涼しくなる秋の終わり、ぶらりとやって来ようと思います。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. らいち | 2UOAlRVk

    ブランカちゃんとBridgeさんが行かれた鬼の城山に行ったんじゃ!
    犬墓山とはなんとも不穏なネーミングじゃなぁ。
    そんな名称の山を登っとるとは露知らず(いや知らんのじゃろうけど)山歩きしとるテーオくんの顔が生き生きしとるな。
    逆につっかけで山登りした旦那さんは激しく後悔したんじゃなかろうかと妄想。
    ところで、「つっかけ」ってそれ、方言じゃがん。(笑)

    ( 03:45 [Edit] )

  2. つばさ・M | -

    見返りテーオく―――んvV(←そこかいや!!)
    いいお天気、いい景色の中モフモフ笑顔がまぶすぃデス。やっぱり増毛してきてますね!テーオくん♪
    らいちさんのコメに衝撃Σ(゜Д゜;)つっかけって方言じゃったん―――?!!!!地味にショック…
    奈良のお土産屋さんで岡山弁丸出しで会話してたらお店のおばさんに真顔で"どこの人…?"って訊かれた青春の1ページが蘇りました(←どーでもいい)

    ( 06:19 )

  3. Bridge | -

    あの魔境に足を踏み入れたのですね。
    写真を見て、山犬ごっこをしなかったことを激しく後悔。
    次は、せねば!!

    しかし、ダー、いい味出しますね。
    そして私も食いついてすみませんが、つっかけ、方言でしたか!!
    標準語は・・・ええと、サンダル?

    ( 12:26 )

  4. プチプー | -

    携帯からこんばんは!
    なんと山登りですか!
    標高400mともなれば、それはトレッキングなのでは…?!
    そんな山道をこの笑顔で歩くテーオ君、スゴイです(^O^)
    やっぱりホワイトシェパード、しかもヤング!
    プチプー家も山の中ですが、コンビニに歩いて行くのも息切れが…(^-^;
    さすが、さすが、テーオ君、カッコイイ~♪
    あっ、旦那様のサンダルトレッキングにも脱帽です。相当強いおみ足!我が家~コンビニ間ですら、スニーカー&帽子、時にはマイボトルを手に歩くのに、サラリとサンダルトレッキングだなんてスゴイです!
    秋、紅葉の頃に、目的の城に行けると良いですね(*^.^*)

    ( 21:16 )

  5. さぎっちょ | ah7P.U7s

    過去日記。かれこれ2ヶ月程前だと推測しましたがいかがえしょう?「つっかけ」九州・熊本でも使いますよ~。と言うか、何故か勝手に岡山をライバル視しているのに、全く相手にもされない熊本。張り合えるのは田舎っぷりだけ。熊本にはこんな、ワン連れで散策できるところはございません。犬連れお断りか、本格トレッキングコースのハードな山のみでございます。せっかくの山登り是非テー様と一緒に麓から登っていただきたかったですね。うちのワンズを預けて山を登らせた友人曰く、「先に引張ってくれるので、登るのが楽~♪」だそうですよ

    ( 21:57 [Edit] )

  6. (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
    テー様、岩山からりりしく姿を現した様はまるでライオンキング・・・
    じゃなくて!
    ジャングル大帝レオのパンジャのような風格!!!
    (やはりここは本家本元手塚治虫先生をたててっと・・・)
    でもでも!
    山道ですれ違う人間からもののけ姫のモロの君と言われませんか?
    あたしなら思う!いや、思う!!

    ( 11:02 )

  7. Q+ | -

    うん、山歩きにはいい季節ですね♪
    ちょっと暑いかな?って感じが運動っぽくっていい☆
    でも、だんなさん、つっかけはいけんが~ ^ ^
    あぶね~が~☆
    ぴょこっのテーオくん、お茶目でかわいーわー♪

    ( 20:38 )

  8. らいちさんへ

    こんばんは!
    そうそう。ブランカさんが行っとるの見てから、いつか行ってみんとー!と思っとったんよ。
    犬墓山の名前、なんとも・・・よな。
    ルートにはお地蔵さんがたくさんあるし、皇の墓とかいうのもあって、死を崇めるような雰囲気がいたるところに。
    見える人には見えるかもな~。
    テーオはもちろん露知らずテクリテクリよ(笑)そう、むしろ楽しそうなんな。
    旦那しかも素足じゃけんな(爆笑)どんだけフリースタイルなんよって感じじゃわ。
    「つっかけ」やっぱ方言じゃたかな。「つっかけ」に対する標準語が見つからんかったんよー!
    わたしもコテコテの岡山県民じゃわ~。

    ( 21:53 )

  9. つばさ・Mさんへ

    こんばんは!
    増毛!!してますかーーー♪うれしいお言葉。もっと言ってください。
    増毛!(どうも!)みたいな、もう、挨拶語にしましょうか。(ばか)
    実はわたしも「もしかしてこれ標準語?」的な自信をかすかに持って「つっかけ」と宣言してみたものの、やっぱり方言だったと(笑)
    いや~わたくし生粋の岡山っ子ですから、まだまだ全国共通勘違い語録でてきちゃうかもしれません。
    奈良のお土産屋さん「若いのに、日本昔話みたい」と思われたかどうかは不明ですが、遠慮なく岡山弁を浴びせるつばさ・Mさん、素敵っす。

    ( 22:00 )

  10. Bridgeさんへ

    こんばんは!
    ええ!がっつり足を踏み入れましたとも。
    ブランカさんもかなり満喫したとブログで確認しましたので、テーオも味わってきました。
    山犬ごっこに適した山でしたよ。
    大岩、ごろごろありました。ただ、尻の筋肉痛になること覚悟でお願いします。(笑)
    ダーねぇ。しかも素足ですよ。そのうちすっぽ抜けたとかで裸足で歩く羽目になるんじゃないかと期待してたんですが。
    つっかけ、ちょっとした物議を醸してますね!岡山県民の中で(笑)
    わたしもサンダルが一番近いと思うんですが、つっかけ。つっかけなんですよねーやっぱり。
    サザエさんが履いてそうなイメージ。

    ( 22:07 )

  11. プチプーさんへ

    こんばんは!
    プチプーさんコメありがとう~♪
    山登りでした。確かに^^ ウォーキングというより、トレッキングが正しいです(笑)
    テーオは余裕の歩きっぷりでしたよ~。
    急な上りは、テーオに引っ張ってもらったり。足腰しっかりはやっぱり若さかな^^
    わたしもめっきり歩く距離が少なくなってきてた日頃なので、よい運動になりました。
    やっぱりサンダルがベストな訳ですね!すっきりしましたー!
    サンダルトレッキングをこなす旦那。どんな野生児なんでしょうか(笑)
    秋ころ、今度は紅葉の時に登ったら、また違う美しさでしょうね。
    楽しみです^^

    ( 22:13 )

  12. さぎっちょさんへ

    こんばんは!
    ご名答です!実は4月のお話。どんだけーーー!
    おや!!熊本でも通じますか「つっかけ」。
    イメージはオサレ感ゼロに加え、履き好まれる年齢層が高めの履物。
    サザエさんは20代ですが、彼女が靴下とあわせて履いているイメージなんです。(長)
    岡山ライバルですか!田舎度は勝っちゃうかもしれませんよ。
    熊本は岡山県の中学生の卒業旅行先(今は不明ですが)というご縁もあり!
    草千里は犬不可ですよねぇやっぱり。(当たりまえ)
    疾風くんはまさに引っ張るのはお手のものでしょうね!わたしも引っ張ってもらいたい~。

    ( 22:27 )

  13. クリムーチョさんへ

    こんばんは!
    テーオ、巨大岩にノリノリです(笑)
    というか、飼い主のほうがノリノリでした(テレ)
    わお!パンジャなんて、ありがたき幸せ。
    さらに勘違いしちゃいますよー。もう♪
    山の中腹までは誰にも会わずだったのが、不意に現れた人にこちらがびっくりしたという(笑)
    皆さん本格トレッキングスタイルで、山に集中されてました(涙)
    シチュエーションはばっちりだったのにー!( ̄s ̄;
    モロ、モロに見える?うれぴー!(なに人?)

    ( 22:39 )

  14. Q+さんへ

    こんばんは!
    今年は山歩きに適した時期が長くて、ちょっと日陰に入ればとっても気持ちよくてすぐに汗も引きました。
    人の体力が心配でしたが、案外頑丈なつくりであったことも判明!
    つっかけ、おえんですよねぇ。すぽーんと抜けたらどうすんでしょう。
    多分そこまで考えてない・・・。次回はしっかり靴を履かせますんで(笑)
    上り下りに大きな岩登り、テーオもご機嫌に歩いてました~♪
    次回は紅葉の頃登ってみたいです。
    下山後の爽快感、おばちゃんたちがトレッキングにはまる気持ち、ちょっと分かりました。

    ( 22:44 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。