上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(`;艸;´)オゥエ(く)   しゅ~ん(テ)
しゅ~ん
本番まで後数分。この緊張感異常w
くみぞー、寒さと猛烈緊張で吐き気をもよおす始末。テーオに伝染したかその真横の耳はいったい。

時は1月29日(日)。広島県福山市芦田川河川敷で開催された『JKC中国ブロック訓練競技会』
オビディエンスビギナーにテーオと初参加してきました。
OPDESチームテストを受けた際、これ以上の緊張は無かろうと思えたのに、いやいやいや。
初っ端の画像が既に物語っておりますが、テーオをリードすべき飼い主は、ド緊張のビックウェーブに華麗に飲まれ中。
しかし時は容赦なく過ぎ、ゼッケン番号順に呼ばれ指定の位置へ。そして団体競技からのスタート。
その模様を、どこからか隠し撮りをしていたくみぞー旦那の画像で振り返ってみたいと思います。


他犬を気にしやすいテーオ。よりによってなぜ中央部なのか。
座って待つよ
(課目1)犬と対面しての30秒間の停座(紐付)の図

こういう練習もしてきたし、いちいち気にすんじゃねー自分と分かっていても「もし」を想像してしまい、
緊張の上塗りをし、自分で自分の首を絞めるわたくし。
本犬テーオはちゃんと課目をこなしてくれました。んで、言わんこっちゃないわたしの指示ミスで点数丸々落とし0点。
Noーーー!自分の阿呆_| ̄|○ il||li すまん、テーオよ。


動揺してもおられん。次、次!!(く)バクバクバクバク
伏せて待つよ
(課目2)犬と対面しての30秒間の伏臥(紐付)

30秒経過の後、犬の右側に戻り、指示で脚側停座を行います。
あとへ。・・・って、言う前にもうしとるがな!_| ̄|○ il||li 練習でもなかった失敗。
やってもぅたあ(´・ω・`)ショボーンな顔で、耳を倒してこっちを見続けるテーオ。その顔を見て、うむ即許す。


とうちゃんの気配がするお(テ)                  にゅるりんと伏せるお(テ)   
ちらっちらっ歩きながら伏せるよ
(課目3)紐付き脚側行進                  (課目4)行進中の伏臥(紐付)

ほんまに伏せしたろうのぅ?と指導手はうかがってはいけません!( ー`дー´)キリッ
ぬるっとした動きながら、肘から落として下に付けて・・・伏せ・・・と、思い出して(たぶん)伏せてくれて、ほっ。


           呼ぶ?(テ)              うん。こっちこい(く)     
伏せて呼ばれたら行くよ
(課目5)伏臥を伴う招呼(紐付)

最後の課目。
相変わらずののっそり感ですが、称呼で脚側位置に戻り見上げて「来たで!」と言ったテーオに花丸やる。

結果は言わずもがな。この競技に必要とされる要素の足元にすらまだまだ及びませんが、
カメのようなゆっくりな1歩であっても前へ進むことの楽しさを味わえた今回の競技会でした。
いや~あの緊張感はよい精神鍛錬になりますわ。

参考:JKCオビディエンスの解説と規定はこちら

さてさて、午後からはオビディエンスⅢの見学を。オビⅢ、世界がまるで違います。
拍手が起こるような見せ場があります。見ている方も熱くなります。
ジャーマンシェパード黒姫とママさん、ベルジアンタービュレンのニケちゃんとママさんの
2ペアの書記担当を仰せつかり、ドキワクしながらの見学となりました。
ニケちゃんとママさんの安定感、黒姫とママさんの緩急自在なキレ味満載の演技。
特に黒姫とママさんのすんばらしい脚側は、心でうぉ~!言うてました。

自分の出番が終わったら自由時間を満喫。
テータラと一緒に河川敷を散歩したり、テーオは同地元のWSパールちゃんと挨拶チューしたり、
WSSDリサっ子ビオラちゃんと挨拶チューしたり、福岡のWSSDリボンちゃんと挨拶チューしたり。(チューばーじゃがな)
タラはリサっ子ちゃんたちの記念撮影に、後方支援と称し遠くから勝手に写り込む作戦を決行。
前日の前夜祭に始まり、当日は、鼻水が垂れていることも分からないほど寒い中、MaYuLA家の美味しい熱々コーヒーや、
ケント姉さん家からのお手製おにぎり、そして皆さんとの犬談義の楽しい楽しい1日でした。
毎度思うこの繋がりを犬たちよ、ありがとう。そして、ご一緒させていただいた皆さまありがとうございました!

あ、11月の競技会での反省点であった、季節感を研ぎ澄ませる人になる件。今回は大いに改善できたと思います(*`Д´*) ビシッ!!
んが、「オダギリ」ステッカーの車の横で、「ジョー」を並ばせて写真を撮ればよかった。と、またも反省点が(´ー`)

スポンサーサイト



Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。