上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトスイスシェパード記念撮影

ホワイト倶楽部のオフ会と題した、恒例犬たち並べての記念撮影!
徳島県板野郡にある吉野川河川敷で開催された『FCI西日本インターナショナルトライアル訓練競技会』での一コマ。
左からジャンゴくん、クロスちゃん、ブランカさん、ビっちゃん、クァイドくん、ポンゴくん、レオンくん、アブーくん、アルネちゃん、リサちゃん、エースくん、ビオラちゃん。
ジャンゴくんの息子、ヴァルターくんが写っていませんが、ホワイト倶楽部総勢12頭が集まりました。

くみぞー家は今回の目的を達成すべく、人のみの参加でいろいろいろいろ見学してきました。
そのひとつがオビディエンスビギナーの見学。


朝8時スタートのビギナーの部
オビディエンスビギナー
おいおい、こ、これにかい?と心でつぶやく。


ナビの設定を旧吉野川にしておったもんで、目的地付近到着をアナウンスされるも河川敷草でもっさー!明らかに違うがな。
慌てて再設定し、ビギナーのスタートに滑り込みセーフ。
しょっぱなから目的が果たせんかったら目も当てられんかったわ!と息を切らしつつ、参考画像を撮った次第。


ブランカも見学してます(ブ)
ブランカも見学です!
嫁、今日居ぬ婿にしっかりと教示をお願いします。


OPDESビギナー後の次の目標として、先生から発表があったのが今月始めのこと。
「次はJKCオビディエンスのビギナーでるから」
・・・。おお?おびでぃえんすぅ?ドキドキドキドキ。
しかも来年早々と、エントリー時期まで決まっておりましてね。
その時は、内心、(えーーーっ!)とマスオさん風ポーズになりながら、なんとか受け止めましたけれども、以前から予定していたこの大会に、オビビギナー見学という新たなる目的が追加された訳です。

本来の目的であった、いつも楽しく遊んでいただいているオーナーさんと愛犬たちがエントリーした競技の応援は別の意味で目力が入ります。
それは、皆さん素晴らしい関係を築かれていて、とても幸せな気持ちになれるから。
もちろん、競技内容は言うまでもないですが、カメラ片手についオーナーさんや犬たちの表情を追って撮ってしまいました。
日頃の成果を遺憾なく発揮したその模様を画像で振り返ってみたいと思います。

オビディエンスⅠに出場したホワイトスイスシェパードのアルネちゃん。
右腕の黒いホクロが『あるね~♪』が名前の由来とか。(カワユス!)
アルネちゃんは、MaYuLA家のアブ―くんときょうだいだそうです。


ママさんを見上げるアルネちゃん。
アルネ号



置き持来をこなすアルネちゃん。
アルネちゃんダンベル



ママの元へ~♪(ア)
アルネちゃんダンベル



前進及び伏臥。ママさんからの伏臥の指示を待っています。
まるでお嬢様
毛吹きの良さったら!カメラ越しに激しく羨むくみぞー。ゴージャス!


お次は、オビディエンスⅡにベルジアンタービュレンのケント兄さん登場。
やはり兄さんはジェントルマンでした。男前がさらに光っておりました!

キリッ!(ケ)
ケントくん登場!



キリリッ!(ケ)
凛々しいケント兄さん
兄貴、かっくいい!


障害飛越を伴う持来。余裕のケントくん。
とう!

とう!(ケ)
すた!



嗅覚による最大6個の物品選別。確実に決めるケントくん。
選別完璧



えへ♪(ケ)
なでなで
母さんに撫でられた時のこの表情。たまらんです。


オビディエンスⅢに登場は、ママさん自らが訓練し災害救助犬となったラブラド―ルレトリバーのアンバーくん。

喜!(ア)
アンバーくん登場!



妨害を受けながらの、犬から見えない場所に隠れての4分間の伏臥。じっとママを待つお!(ア)
奇麗な姿勢



障害飛越を伴う金属物品の持来。完璧です。
とう!

てや!

ダンベル持って、とう!

てや!(ア)楽勝!



見つめ合うアンバーくんとママさん。
見つめ合う!
素敵な素敵な笑顔なのです。


JKC訓練競技会に初デビューのホワイトスイスシェパードのリサちゃんはCDⅡに登場です。

招呼でパパさんの元へ。
リサちゃん
そのおちり卑怯(*´∀`*)・・・(by変態カメラマン)


リサちゃん、真剣なお顔ですよ。
ん?



↓障害の陰にパパさんが隠れています。                                         パパ・・・(テ)
父さん隠れてます



早く出てこないかな~(リ)
かわいいリサちゃん
堂々と競技終了。リサちゃんかわえぇのぅ。


刺激をたくさんもらえた皆さんの競技。
オーナーさんも犬たちも笑顔の様子に、くみぞー心の課目「感動」は満点!むしろプライス(ポイント?)レス!!
さて、残るはこの日の最終の目的を果たすべく、彼がいる場所へ、彼の1日お世話役となっていたMaYuLAさんと向かいます。

ジャンゴです(ジャ)
ジャンゴくん
彼はリサちゃんと同じドイツ犬舎出身のホワイトスイスシェパード。御年6歳の脂が乗ったイケメンです。


2年前の同じ会場での競技会で初ジャンゴくんをちょろ見して以来でした。
その時のイメージのままのジャンゴくん。
男好き(犬とか猫とかのですよとあえて言ってみる)のわたしにとっては嬉しい2度目の対面となりました。


ジャンゴくんとビっちゃん
ビっちゃんと
ふたりとも、よいぷっくり(口元)してますな。(by部位好き)


左から、ジャンゴくん、クロスちゃん(ジャンゴくんの子)、ブランカさん、ビっちゃん
クロスちゃんブランカさんとジャンゴくん


みんなで笑って記念撮影。
みんな笑顔です
今回も実り多い、徳島の旅でした。楽しかったー!

いつでもどこでもどんなに気が散るシチュエーションでも、わたしの声を犬に届けたい。
それを養うのに今のトレーニングはわたしと犬たちにとって、とても大切なことだと改めて思いました。


自宅に戻り、くみぞー旦那とともに留守番組テータラと散歩しつつ、今回の反省点を2つあげてみました。
ひとつは、テータラを連れて行けばよかったということ。
くみぞー旦那はひとり会場をぶらぶらしている最中、我が家の犬どもが恋しくなったそうです。次回は必ず!
そしてもうひとつは・・・。くみぞー旦那を季節感のある男にすること(笑)
この日はお天道様がお昼を回るまでお目見えせず、真冬のような寒い風が吹く日となりました。
そんな中、夏ですか?的な超薄着なくみぞー旦那は車から出れずしばし冬眠。
そして、くみぞー旦那から出がけに「寒くない」と知らされ、これまたはおり物を持参しなかったくみぞーともども、MaYuLA家パパママさんから上着をお借りし過ごした1日となりました。
有難や、感謝感謝でございました。以後季節感を研ぎ澄まします!( ー`дー´)キリッ





スポンサーサイト



Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。