上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーオとタラでドッグラン

自由運動がっつり希望!そんな顔をしているように見えたテータラ先週の日曜日の午後。
急遽予約を取って『さくらガーデン』に行ってきました。
到着後トイプードル4頭家族と入れ替わり、午後3時から1時間半の筋肉解放タイム。
晴れたり曇ったりの中、寒さ対策に発汗すべし!と、ボールを投げたり、テータラ相手にサッカーをしてみたり、彼らの追いかけっこに参加してみたりと人チームも動き回ります。


ぶんぶんボールをぶんぶん追いかけまわすー(テ)ドスドス
おりゃー!



解放感さいこー(テ)
解放感



げへげへ(テ)                    きゃきゃーい!(タ)
楽しめるわー!例によってタラはテーオのくわえたボール狙い


どうにかして先に取りたいものだ(タ)                    むり(テ)
考えるタラ



ソレが遠くに行く前に取ればええのじゃ!(タ)テイヤー!
びよーん



  ・・・飛ぶだけで終わってしもた(タ)                          ほれみ(テ)       
びよーん作戦しっぱい



いただきます(テ)ゴーリゴーリ・・・
ボールひとりじめ



ほしいのじゃ(タ)
タラボールほしい



どうしょうかな(テ)チラ
えかろう

○~(ボール)←テーオ←タランティーノ     タランティーノ→テーオ→~○
・・・続くことしばし。
時間の経過とともにおっさんテーオの勢いは低下し、それを察して俄然張り切る子どもがひとり。


                     子どもの相手も疲れるのぅ(テ)                    ボールぽつねん↓
テーオ満足
ただ疲れただけのくせに。


これタラの!あげんよ!(タ)             (タラに譲ってやるのだ。わい、優しい。)(テ)
これタラの!
だから子どもに付いていけんくなっただけのくせに。おまけに飽きてきたくせに。

しかし、ボールをちら見せしつつ遊びに誘うタラの戦法につい乗ってしまうテーオ。
おっさん化が止まらない体力ながら、遊び心はまだ少々残っているらしい。


そんなこんなで出会いがしらの衝突事故発生。
どっかーん

当たり屋タランティーノの図。テーオのヽ(ヽ゚ロ゚)アイヤー!な顔とタラの全力ミステイクが笑える。
今回も、大いに走って楽しんださくらガーデン日和でした。また行かんとなー。

スポンサーサイト

ホワイトスイスシェパード記念撮影

ホワイト倶楽部のオフ会と題した、恒例犬たち並べての記念撮影!
徳島県板野郡にある吉野川河川敷で開催された『FCI西日本インターナショナルトライアル訓練競技会』での一コマ。
左からジャンゴくん、クロスちゃん、ブランカさん、ビっちゃん、クァイドくん、ポンゴくん、レオンくん、アブーくん、アルネちゃん、リサちゃん、エースくん、ビオラちゃん。
ジャンゴくんの息子、ヴァルターくんが写っていませんが、ホワイト倶楽部総勢12頭が集まりました。

くみぞー家は今回の目的を達成すべく、人のみの参加でいろいろいろいろ見学してきました。
そのひとつがオビディエンスビギナーの見学。


朝8時スタートのビギナーの部
オビディエンスビギナー
おいおい、こ、これにかい?と心でつぶやく。


ナビの設定を旧吉野川にしておったもんで、目的地付近到着をアナウンスされるも河川敷草でもっさー!明らかに違うがな。
慌てて再設定し、ビギナーのスタートに滑り込みセーフ。
しょっぱなから目的が果たせんかったら目も当てられんかったわ!と息を切らしつつ、参考画像を撮った次第。


ブランカも見学してます(ブ)
ブランカも見学です!
嫁、今日居ぬ婿にしっかりと教示をお願いします。


OPDESビギナー後の次の目標として、先生から発表があったのが今月始めのこと。
「次はJKCオビディエンスのビギナーでるから」
・・・。おお?おびでぃえんすぅ?ドキドキドキドキ。
しかも来年早々と、エントリー時期まで決まっておりましてね。
その時は、内心、(えーーーっ!)とマスオさん風ポーズになりながら、なんとか受け止めましたけれども、以前から予定していたこの大会に、オビビギナー見学という新たなる目的が追加された訳です。

本来の目的であった、いつも楽しく遊んでいただいているオーナーさんと愛犬たちがエントリーした競技の応援は別の意味で目力が入ります。
それは、皆さん素晴らしい関係を築かれていて、とても幸せな気持ちになれるから。
もちろん、競技内容は言うまでもないですが、カメラ片手についオーナーさんや犬たちの表情を追って撮ってしまいました。
日頃の成果を遺憾なく発揮したその模様を画像で振り返ってみたいと思います。

オビディエンスⅠに出場したホワイトスイスシェパードのアルネちゃん。
右腕の黒いホクロが『あるね~♪』が名前の由来とか。(カワユス!)
アルネちゃんは、MaYuLA家のアブ―くんときょうだいだそうです。


ママさんを見上げるアルネちゃん。
アルネ号



置き持来をこなすアルネちゃん。
アルネちゃんダンベル



ママの元へ~♪(ア)
アルネちゃんダンベル



前進及び伏臥。ママさんからの伏臥の指示を待っています。
まるでお嬢様
毛吹きの良さったら!カメラ越しに激しく羨むくみぞー。ゴージャス!


お次は、オビディエンスⅡにベルジアンタービュレンのケント兄さん登場。
やはり兄さんはジェントルマンでした。男前がさらに光っておりました!

キリッ!(ケ)
ケントくん登場!



キリリッ!(ケ)
凛々しいケント兄さん
兄貴、かっくいい!


障害飛越を伴う持来。余裕のケントくん。
とう!

とう!(ケ)
すた!



嗅覚による最大6個の物品選別。確実に決めるケントくん。
選別完璧



えへ♪(ケ)
なでなで
母さんに撫でられた時のこの表情。たまらんです。


オビディエンスⅢに登場は、ママさん自らが訓練し災害救助犬となったラブラド―ルレトリバーのアンバーくん。

喜!(ア)
アンバーくん登場!



妨害を受けながらの、犬から見えない場所に隠れての4分間の伏臥。じっとママを待つお!(ア)
奇麗な姿勢



障害飛越を伴う金属物品の持来。完璧です。
とう!

てや!

ダンベル持って、とう!

てや!(ア)楽勝!



見つめ合うアンバーくんとママさん。
見つめ合う!
素敵な素敵な笑顔なのです。


JKC訓練競技会に初デビューのホワイトスイスシェパードのリサちゃんはCDⅡに登場です。

招呼でパパさんの元へ。
リサちゃん
そのおちり卑怯(*´∀`*)・・・(by変態カメラマン)


リサちゃん、真剣なお顔ですよ。
ん?



↓障害の陰にパパさんが隠れています。                                         パパ・・・(テ)
父さん隠れてます



早く出てこないかな~(リ)
かわいいリサちゃん
堂々と競技終了。リサちゃんかわえぇのぅ。


刺激をたくさんもらえた皆さんの競技。
オーナーさんも犬たちも笑顔の様子に、くみぞー心の課目「感動」は満点!むしろプライス(ポイント?)レス!!
さて、残るはこの日の最終の目的を果たすべく、彼がいる場所へ、彼の1日お世話役となっていたMaYuLAさんと向かいます。

ジャンゴです(ジャ)
ジャンゴくん
彼はリサちゃんと同じドイツ犬舎出身のホワイトスイスシェパード。御年6歳の脂が乗ったイケメンです。


2年前の同じ会場での競技会で初ジャンゴくんをちょろ見して以来でした。
その時のイメージのままのジャンゴくん。
男好き(犬とか猫とかのですよとあえて言ってみる)のわたしにとっては嬉しい2度目の対面となりました。


ジャンゴくんとビっちゃん
ビっちゃんと
ふたりとも、よいぷっくり(口元)してますな。(by部位好き)


左から、ジャンゴくん、クロスちゃん(ジャンゴくんの子)、ブランカさん、ビっちゃん
クロスちゃんブランカさんとジャンゴくん


みんなで笑って記念撮影。
みんな笑顔です
今回も実り多い、徳島の旅でした。楽しかったー!

いつでもどこでもどんなに気が散るシチュエーションでも、わたしの声を犬に届けたい。
それを養うのに今のトレーニングはわたしと犬たちにとって、とても大切なことだと改めて思いました。


自宅に戻り、くみぞー旦那とともに留守番組テータラと散歩しつつ、今回の反省点を2つあげてみました。
ひとつは、テータラを連れて行けばよかったということ。
くみぞー旦那はひとり会場をぶらぶらしている最中、我が家の犬どもが恋しくなったそうです。次回は必ず!
そしてもうひとつは・・・。くみぞー旦那を季節感のある男にすること(笑)
この日はお天道様がお昼を回るまでお目見えせず、真冬のような寒い風が吹く日となりました。
そんな中、夏ですか?的な超薄着なくみぞー旦那は車から出れずしばし冬眠。
そして、くみぞー旦那から出がけに「寒くない」と知らされ、これまたはおり物を持参しなかったくみぞーともども、MaYuLA家パパママさんから上着をお借りし過ごした1日となりました。
有難や、感謝感謝でございました。以後季節感を研ぎ澄まします!( ー`дー´)キリッ






鴨鍋

グツグツグツグツ・・・・・・・・・φ( ̄¬ ̄ヾ) 煮えたかいな?
休暇村帝釈峡コテージの一室にて。出だしがよかったものの、いつもののらり更新に素早く戻る!早!orz

帝釈峡を堪能した一行は、予定時間を2時間強オーバーしての宿到着。これまたド平日につき、コテージ群は我らと、少し離れた棟の一家族(ビーグル1頭)のみ。
チェックイン後、早速宿の確認をば。

ログケビン5人用の室内。左はキッチン&ダイニング。右は和室10畳です。お風呂もトイレも綺麗です。
コテージダイニング コテージ和室
食器・調理器具も完備で全く不自由なくくつろげるお部屋。


犬たちの居場所スペースを設置し、観光モードの脳は腹減りモードへ素早く移行。
女子会と言えば鍋でしょう。鍋をつっつきながら、片手には常にゴールドウォーターでしょう!

と言うことで、秋冬になったら鴨!
鍋食材たち
鴨鍋ぱーちー

お野菜担当いただいたBridgeさんが持ってきてくださった白菜丸々1個を、さばき担当となってくれたwish母さんの手によりほぼ全てさばく!どえらい量ですがな。
そして、一番手前は外側の葉っぱを犬用にゆでたもの。犬たちもご飯に白菜をトッピングし、旬を味わう!(鴨肉はやらん)


wish氏↓    かんぱーーい(母一同)    ↓テーオ氏  ↓ブランカさん ↓ビっちゃん(バリケンが可愛い!)
かんぱい!   寝るです
犬たち眠いモード。

さすがにこの野菜の量は食べきれんよね~。ゴキュゴキュ!バクバクバク・・・!



数時間後。完食。
すばらしす。我々の腹。
その間、お酒担当のwish母さんがオサレなおつまみを手作りしてくださったりで、用意していた酒がとうとう底を尽きた模様。
wishくんのお散歩がてらに酒を買い出しに行ってくれたwish母さん、ありがとう。
食べてしゃべって飲んで案の定日は変わり、買い出しの酒もきっちりいただいた午前2時過ぎ消灯。
それぞれの犬の方に頭を向け、川の字で寝たのですが、気付けばわたしの枕元にふんわり感が。
見るとビっちゃんが顔の傍で丸くなっておりました。萌えーーーー(*゚д゚)ムホムホ♪
ビっちゃんのお言葉に甘え、もふもふに顔をうずめ、頭上にはテーオの鼻息を感じ、幸せな眠りにつきました。


あはは!(カ)  ちょっと曇りだけどわたしたちには快適!ボールLOVE!(リ)
仙ヶ原ドッグラン
さわやかにドッグランを走るカリュウくんと、リサちゃん

そんなさわやかさんを見つつ、酒が残る女飼い主3人in仙養ヶ原。(お昼までには盛り返しました!!)

場所を仙養ヶ原ドッグランに移し、MaYuLA家(WSSD リサちゃん&エースくん親子)、ケント姉さん家(タービュレン ケントくん&カリュウくん親子)も加わり、楽しい2日目のスタートです。


公園ないを歩くお!(テ)
ハイキング



おぅ?あれはエースくんとカリュウくんじゃの(テ)
エースくんとカリュウくんが見える
ランで遊んだり、公園内を散策したりのんびり時間を堪能


テーオも紅葉の木をしょってみました。
わいもポーズ



ボール遊びで大満足のリサちゃん(左)とwishくん(右)
wishくんとリサたん
ジェントルマンなwishくんじゃのぅ。


気付けばテーオのドッグラン内の写真が1枚もないという。
テーオといえば、リサちゃんとブランカさん、ビっちゃんで遊んだものの、速攻リサちゃんにLOVE注入。
阿呆めが!そして速やかに捕獲されたラブハンター。奇麗な被毛がテーオよだれと土で汚れてごめんねリサたん。

ドッグランを2時間貸し切った後は、ドッグカフェで昼食となりました。
これも毎度でございますが、しゃべり倒して時間は軽く4時間経過。
楽しい時はあっという間ということを、いつも体感させてもらえる集まりなのです。
そろそろ日が傾くころ、仙養ヶ原の1日は終了となりました。犬たち、そして皆さまありがとうございました。


さてさて、既に2日過ぎましたが、11月13日(日)は徳島県で開催の『FCI西日本インターナショナルトライアル』の見学に行ってきました。
リサちゃんやケントくんがエントリーした模様や、たくさんのホワイトスイスシェパード軍団が集まった壮観な風景を次回張り切ってアップいたします。


紅葉まぶしい帝釈峡


犬連れ紅葉狩り、秋の帝釈峡散策は次のルートで楽しみました。
『上帝釈』からスタートし、山深い自然を歩きます。
鍾乳洞あり(犬連れ入洞でけん)鬼の供養塔や雄橋という巨大奇石あり。
原生林の間をぬって断魚渓という急流を眺め、犬と歩き、空気と景色にすっかり癒されました。
途中観光客の御一行とすれ違ったものの、平日特有の静けさ。真夏はこの清流にテーオをぶっこみたい・・・。
出来るかどうかは観光協会さんに聞かねばなりませんが、そんな思いを抱きつつ、上帝釈を堪能しました。

その後、車で下り、『神龍湖』を遊覧船で約40分巡り。
当初わたしは、神龍湖付近も徒歩で散策と言うやたらマッチョな企画をしておったのですが、上帝釈を歩き回った体にそれはきつかろうと。確かに。歩いて実感。
犬連れ乗船が不可ということで、頭にすっかりなかったのですが、Bridgeさんご提案により犬は車で留守番し、飼い主でゴー!ゴー!これ大正解。

昼飯で既に予定時間を大幅オーバーしていた一行は、この日宿泊するコテージにチェックインする時間(15時)に上帝釈にいた訳でして、帝釈峡クライマックスの『神龍湖』も必然的に時間はずれ込み、遊覧船乗り場に付いたのが16時15分を回ったころ。
受付時間を見ると16時30分までとな!危うし!そしてなんとラッキーか!
受付のおばちゃんには最終便は暗くなるからお勧めできないよ~とごもっとなお勧め?を投げかけられるも、いや!この機会は逃せれんだろうよ!と飼い主「乗ります!」即答。

最終便を3人で貸し切るという状態発生の中、湖を約40分かけて巡ってきました。

まずは、そのダイジェストを動画にしてみました。(音出ます)



そして以下に動画素材含む画像たちを並べます。


嫁!まさか見合い写真じゃなかろうのぅ(テ)
ブランカさんとwishくんをじーー。
と思いつつもwishくん見てます。(゚Д゚)イカン!!


鬼の供養塔と名付けられた10mの巨大石柱
奇石発見



嫁、素敵ですよ(テ)
ブランカさーん
嫁ばかり気にせず紅葉も見てください。


ブランカは海以外も似合うんですよ!(ブ)
ホワイトシェパード ブランカさんと母さん



雄橋(おんばし)。確かに雄々しさを感じる天然橋ですな。
帝釈峡 上帝釈 雄橋



雄橋をバックにブランカさん、ビっちゃん(小脇に)とwishくんの記念撮影
ホワイトシェパード ブランカさんとwishくん 雄橋にて
橋がデカすぎて限界の図


雄橋から十数分で断魚渓に到着。美しす。
帝釈峡 上帝釈 断魚渓



断魚渓にかかる橋に顔を突っ込みほっぺが黒ずむ汚れのテーオ
橋の下に首ツッコミ汚れたホワイトシェパード テーオ



雄々しくわいを撮っておくれよ(テ)
雄橋とホワイトシェパード テーオ
目、ちっさ!



さて、場所を神龍湖に移して遊覧船上からの景色。

神龍湖から紅葉を望む


神龍湖にかかる深紅の橋


神龍湖の紅葉橋


以上、帝釈峡編の巻でした。

帝釈峡を出発して一行は、この日のお宿であるコテージへ車を走らせます。その模様は次回へ続く!


やっとかよ!
タラは今回おうちを守っとったから(タ)

ありがとうタラちゃんよ。おとうたんとお留守番お疲れ様でした。
出がけには鼻からぴぅぴぅと音を出しておったタラちゃん。それでもにわか一人っ子をきっちり堪能しておったようです。
その頃、テーオおじさんはと言うと・・・。


いやっは~!(テ)
うわ~い
遊具で遊んでおりました。


11月1日はBridge家(WS ブランカさん&チワワ ビスコちゃん)、wish母さん家(WS wishくん)、くみぞー&テーオの女飼い主3人と犬4頭で、広島県庄原市にある秋深まる紅葉に彩られた国定公園帝釈峡巡りを楽しみ、その後、この日の宿泊先休暇村帝釈峡のコテージで鴨鍋囲んで食べて飲んで飲んで飲んでの夜の女子会開催。
明けて2日目は、仙養ヶ原ふれあいの里ドッグランを貸切り、MaYuLA家(WSSD リサちゃん&エースくん親子)、ケント姉さん家(タービュレン ケントくん&カリュウくん親子)も加わり、山に笑いがこだまする楽しい楽しい旅をしてきました。

話し戻ってここは、帝釈峡の丁度真ん中辺りに位置するスコラ高原。
高原内のお食事処が今回の『秋の犬連れお泊り女子会』スタート場所です。

岡山自動車道の高梁SAでBridge家と合流し、wish家との集合場所へ向うも、中国自動車道に入るとまるで貸切ロード。
激しく順調すぎる走行で、予定より少々早めの到着となったため、これまた貸切状態の広場でひとはしゃぎ。


カバさん運んで遊んでよいですか?(ブ)
ホワイトシェパード ブランカさん
その風景、見たい気もする・・・。


どしてイン?(テ)
ホワイトシェパード テーオ
コレを見過ごすことなどできまい。


食われた~~!(ウィ)
ホワイトシェパード wishくん
wishくん、ものすご嬉しそうですがん。


ひとはしゃぎのつもりが、案の定旅のスタート地点で予定時間を大幅費す一行。
しかしそれもいつものこと。お気楽が一番!な一行は満腹な腹を抱えてお次の目的地『上帝釈』を目指します。
上帝釈は帝釈峡の上流域に位置し、その山深い木々に囲まれた清流沿いの渓谷は、中国地方でも有数の景勝地のひとつ。
さあ!原生林やモミジで覆われた色づく山間を犬と共に!


金色(こんじき)の大イチョウ
ホワイトシェパードと帝釈峡を行く


期待に胸を小躍りさせつつ、次回帝釈峡編へ続く!




Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。