ぱうがすき始まって以来の1日2度アップ。自分、やるがん。できるがん。(ただの日頃のツケと思われます。)
さて、不動滝を出発し、いよいよ三平山(みひらやま)へ挑むくみぞー家。標高1010mの山といえど、まったく山登り初心者のくみぞー家。一応、登山ガイドでも初心者向けと書かれてはいる三平山なものの・・・と思っていたら、何やら登山口で会話中の、初老のご夫婦の話が聞こえてきて・・・。なになに?山道はまっすぐで登りやすく、毛無山経験者なら余裕で大丈夫。とな。
毛無山は登ったことない、というか、そもそも入れんかったけれども、チャレンジしようとしていた我々。それだけで経験者になったような気分ではないか。しかも初老のご夫婦が余裕余裕と。行けるな、三平山。テーオよ、安心して付いてきなさい。(/゜▽゜)o レッツゴー♪

・・・えれぇ(しんどい)orz orz


まだ3分の1も来てないで(テ)
へーい

わずか、10数分で1度目の休憩。すでに心の臓が踊っております。初老のご夫婦の脚力に感服。師匠と呼ばせてください!と脳内独り言を呟きつつ、山肌を上がってきた風に吹かれて息を吸い込みリセット。

それと景色の美しさが後押しを。
約3分の1地点

てっぺんもうちょいじゃ!(テ)
てっぺんまだか
登ることしばらくして、急に空が近く見え、山頂へ一気に近づいた感に包まれるも、

まやかしでした。(テ)
土偶で
登れども登れどもそこに見えてるはずの山頂近づかず。

ガーン(テ)
体力あんがいないわい
意外な手ごわさを感じるとともに、案外体力がないことにショックを受けるテーオの図。

下山する人とすれ違うのもギリギリの細い道。足場も粘土質なうえ、傾斜も一番急な頂上までの最後の約20分。テーオよその筋肉の出番じゃ、引っぱってくれ!と頼むも、そのトボトボした足取りはとーちゃんかーちゃんと一緒ではないか。そんなことを言いつつ尻筋を頼りに意識を集中させ、なんとか登りきった初登頂。

地上1010mにいる犬です(テ)
めでたく山頂で

中国地方最高峰の大山(だいせん)もすぐそこです(テ)ゼーゼー
雄大な大山と

天下獲ったどー(テ)ヤッホー!
山頂便り

でっかいこと言ってみました。(テ)
やっりきった
気持ちはでっかく、体はへとへと。下山中、2度つまづいたテーオなり。
毛無山、無理。(笑)
テーオと山登り、次回は標高1010m超えなるか、山ドッグは来年も行く。


スポンサーサイト




くみぞー家、餅つき完了!全国的に餅つき日和(あいにくの天気でしたが)であったであろう本日。今年も残すところ本当に僅か。そして過去日記はまだ眠ったまま。
いかーん!ということで、膝上にちびた、足元にはぴーすけをはべらかせ、痺れた足をさすりつつ、早速過去日記スタートです。
真夏の楓川から今度は空に秋を感じる、時は10月2日土曜日のこと。

春は鬼ノ城トレッキングでちょいと山登りの楽しさを実感したくみぞー一家。すっかり秋めいてきた、額にかく汗も心地よく感じる秋晴れの日、鳥取県との県境近くの村、真庭市新庄村へ行ってきました。目指すはチーム薄毛の聖地。テーオ、茶くみ係長の分際ではありますが、上司の方々の了承を得ず、独断で聖地に足を踏み入れてしまいました。

その名も、毛無山(けなしやま)。
毛が無い山です
どんな名前の山じゃ。

毛無山の頂上で、毛無の神は現れるのか。その興味は、もしかしたらご利益がつるっぱけという怖さを上回ります。さあ!聖地へいざ行かん!!とテーオと共に歩を進めた矢先、管理人と思われる方がいらっしゃる。そこで念のため質問。「犬OKですか?」
答えは「NG」とのこと。ちょいガーン。理由はこの毛無山が大山隠岐国立公園に編入されているから。樹齢100年のブナの原生林や天然杉が続く山は、厳重な管理の下、登山客(人)のみ立ち入れる場所。なるほど、管理人さんに会えてよかった。知らずに入っていたならば、ご利益どころか確実に毛無の神の怒りに触れたであろう・・・。そして、結局つるっぱげにされ、一気に会長の座どころか永久名誉会長という地位を築いてしまうところであった。
さすが聖地。易々と係長クラスを受け入れる場所ではなかったようです。しかしながら、登山口一歩手前(画像の広場)なら芝生の上も大丈夫ですよ。と言われ、

入り口でまったり
芝生気持ちえぇ(テ)
だははん♪

管理人さんは、ちょっと申し訳なさそうでしたが、犬も登れる近くの山や、滝スポット(なぜか反応するくみぞー家)など、紹介してくれました。えぇおっちゃんでした。
毛無山山の家周辺で一息ついた一行は、早速に教えていただいた滝スポットへ。実はこの滝、新庄村へ行くなら寄ろうと、自称にわか滝ハンターくみぞー旦那が決めていた場所らしい。
新庄村不動滝。上流に男滝、100mほど下流に女滝があります。滝周囲に山道があり、早速テーオと散策開始。

まずは男滝
男滝

水量も豊富な上、落差も大きい存在感ある雄々しい姿。さすが男滝です。滝つぼも広さ深さとも十分ながら、この場所で遊び狂うのは、畏れ多い感さえ漂わせる男滝。

これくらいにしといちゃるわ(テ)
迫力あるね
全然遠いがな!
男滝の迫力に負けじと、男を見せつけるも、ただ虚勢を張ってるようにしか見えないテーオの図。

次は女滝を目指します(テ)
てくてくと

山道を程なく歩くと眼下は女滝が。
女滝

うまく名付けたもんですね(テ)
おだやかじゃ
先ほどの男滝と対の滝は、実に穏やか。テーオも足軽く女滝と戯れます。

癒されたわ~(テ)
癒しじゃ

限りなく原始のままで守られ続けた自然は、時間の流れがなんと穏やかなことか。不動滝、来年の夏にまた会う日まで。そして、滝パワーを貰った後は、管理人のおじさん情報を得たこの日の本丸、三平山へ。
山登りにハマる気持ちがちょっと分かった気がした登る編はすぐこの後!




Recent Entries