上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州霧ケ峰オフ会を終え、胸いっぱいの人と犬。お昼頃に皆さんと解散の後、今度はくみぞー家恒例ぶらり旅の始まり。諏訪ICからの中央道下り線上で、何か気になる・吸い寄せられるなど、反応を感じたら素直に従ってみる。ということで、今回は駒ヶ根ICを降り向かうは駒ケ岳。
ぶらり旅は基本、思いつきなので現地の詳しい情報は現地で!な適当旅。それが面白いところであり、裏目にでるところでもあり。案の定、出ました裏側に。駒ケ岳へのアクセスは途中から一般車両通行禁止とな。専用路線バスに乗り換えてロープウェイ・・・デカ犬無理。そして、そこから先は「自然保護の観点から、すべての動物は入山不可」とのことで・・・デカ犬そもそも無理。
美しきはすぐには手が届かぬもの。そうかそうか。納得じゃ駒ケ岳よ。と、自分たちの適当さを棚に上げ奥にすっきりしまう我が家。ダメならその麓、駒ヶ根があるではないか。車で周囲を走った後、緑豊かでのんびりできそうなテーオも喜ぶポイント発見。

つり橋とわい(テ)
そろそろ夕方

こちらは駒ヶ根高原砂防フィールドミュージアム。実は、今の今までこの場所一帯がどういう名前の施設なのか知らなかったという・・・。『駒ヶ根 つり橋』で調べてたった今知ったわたし。これくらいは現地で知り得ておけよ自分。はい、以後そうします。

ここは、中央アルプスの麓の自然と共に、学び育む場。通りで1時間の雨量を軽トラに乗って体験する「あめ太郎」なる降雨体験車(地震のマグニチュード体験車みたいなの)が、散策コースに突然現れたりする訳だ。ちなみに、くみぞー旦那は「あめ太郎」をしっかり体験し、ワイパーフル稼働させていました。

駒ケ岳にはもうすぐ夕日が沈みそう。そんな中、テーオと一緒にのんびり散策。

こまくさ橋といいます(テ)
つり橋わたった
くみぞー旦那の渡る意欲を失わせた揺れるつり橋。真ん中辺りで引き返す。

なんでいちいち乗せるのじゃ?(テ)
この意味は?
意味はない。

と、急に開けた丘が目の前に現れ、その丘に佇むあるモノ。わたしたちの心はすっかりソレに持って行かれてしまいました。大自然駒ヶ根高原。初めての地には刺激がいっぱい、不思議もいっぱい。豊かな自然はこんなことも可能にしてしまうのですね。


カブトムシ ばぁさす(テ)
カブトムシ vs

クワガタ(テ)
クワガタ!
なぜに??

このでか過ぎるオブジェの意図は全く読めませんでしたが・・・。


あ゛~~ぁぁ~。(旦)
父ちゃんがあぶない!
捕食されるくみぞー旦那。
これか。このためだったのか。

こちらに訪れた際には、ぜひ捕食されてみましょう!
そんな呼びかけは置いといて、珍妙オブジェの紹介で終わってしまっては、駒ヶ根高原砂防フィールドミュージアムに申し訳ない。

癒されました(テ)
夕日が沈む

目の前の太田切川の清流に舌鼓なテーオ。山に消える夕日が美しい。信州の空気をまたもいっぱい詰め込んで、駒ヶ根初散策となりました。
この後くみぞー家は中央道をひた走り、またも仮眠しすぎてそのまま午前4時に自宅着。猫ズもみんな元気に迎えてくれ一安心。信州旅、我が家の恒例行事がまたひとつ増えました。

スポンサーサイト



Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。