ブログ休日返上!と豪語しつつ・・・(`∇´;)ウ、ウホホホ 想定内!
と、言うことで、今夏の水遊びはまだまだ続いております。六口島での泳ごう会の1週間後、くみぞー家は徳島県の美南町日和佐におりました。昨年秋から放送された、連続テレビ小説『ウェルかめ』の舞台。そして毎年ウミガメが産卵のためやってくる町です。
福山ホワイトクラブ(名称変更)レオン&アブー&リサ家、シュネー家の皆さんにお誘いいただき、岡山組はブランカ家とテーオ家が日帰り日和佐川遊びの旅となりました。

余談ごとですが、この旅の行き先を聞いたとき、わたしはあるライバル心が芽生えておりました。
実は、くみぞー旦那が小学生の頃、家族旅行で日和佐を訪れており、ウミガメの産卵の一部始終を観察したと、それはもの凄く自慢気に話してくれたことを思い出したからなのです。
しかも今回の旅の時期は産卵期ど真ん中。絶対産卵見守りたい。いや、ぜひとも見守らせてくれ。まだ見ぬウミガメさんを思い、勝手に誓うわたし。そして、レオアブママより「産卵情報がゲットできるメールサービスあり」との情報を入手し、即登録。その名も「ウミガメール♪」
夜中~朝方に入る「ウミガメール♪」の気配を夢ウツツで感じ、翌朝上陸時間をガッツリ確認。産卵を見守る自分をイメトレし出勤するという生活を約2週間ちょっと送りました。しかしこればかりは自然が相手。月の満ち欠けも影響します。現に、出発前2日間はウミガメール♪を受信していませんでした。まさにカメのみぞ知る。。。頼むよカメさん。そう思いを馳せ、7月24日仕事終了後くみぞー家日和佐に向け出発。
日は変わり丑三つ時に無事到着するも、もっとも上陸&産卵の確率が高いとされる午後9時~午前2時の時間外。少ない可能性でありながらウミガメール♪を待っていたのですが・・・。
あぁ今日も暑そうだわ。そんな明るい朝日とともに、カメの神さまに「来年また来なさい。」と言われたような気がした日和佐の朝。その後ウミガメール♪を受信したのは2日後。残念!ではありましたが、来年への楽しみは膨らみました。

さぁ午前9時。待ち合わせの「道の駅 日和佐」へこの日のご一行が到着する時刻です。
改めてのメンバーは、
ホワイトシェパーズ8(レオンくん、アブーくん、リサちゃん、シュネー姉さん、クァイドくん、ポンゴくん、ブランカさん、テーオ)、ジャーマンシェパードの紗羅(しゃら)ちゃんは皆さんの訓練仲間。ミニピンのミルトくんとシェーンちゃん、そして心はシェパードのチワワのビッちゃん。
道の駅から車を走らせること数十分。この日のメイン会場である川遊び場へ到着。この川、テーオ地方では決して見ることができないほどの美しさ!遠目でも魚が泳いでいる様子が見えます。こんな環境が日常の紗羅(しゃら)ちゃん、ポンゴくん。なんとも羨ましいことです。
今回も画像大量使用にて、川遊びの様子を振り返って行きたいを思います。

車窓から・・・
中州へ!
中州まで、テント、食材、その他もろもろ川の中をピストン輸送(人が)

大人は準備。子どもは川へ。
設置!設置!

半開きのバリケンから脱走し、中州へやってきました。(テ)
びゅーてふぉー!
この透明度。ありえん。

続々兄さん姉さん登場。
レオン&アブー&リサちゃん♪
パパさん先頭にレオンくん、アブーくん、リサちゃん。

お姉いさ~ん♪(テ)
ねえさ~ん♪
少し後から、シュネー姉さん登場。
姉さんが車から降りた時点で、よい香りをキャッチし目の色を変えるラブハンター。

みんな揃ってバーベキュー&川遊び。
全員集合!
犬同士の絡みほとんどなし!人犬一緒に川遊びに興じるこの楽しさ!!

皮膚に優しい~(テ)
ごふっぶふっ
足裏滲み男のテーオの皮膚にもこの川は最高です。
棒切れ回収にも熱が入ります。

どや!(テ)
あはは!あはは!
気をよくして回収に勤しむテーオ。背後に迫り来る黒い影にも気が付かず・・・。

ちらっと振り返ったら、!!!。(テ)
後ろから~
黒姫こと紗羅ちゃんが(棒切れに)ロックオン♪
対象がテーオでないのが物悲しい(笑)

ありゃ~(テ)
あっさりと~
難なく紗羅ちゃんのもとへ。

も、もしかしてまた。(振り返り)うひーー!(テ)
またまた背後に緊張が~

ちょろいわ~(紗)
そしてやっぱりあっさりと~
やっぱり難なく紗羅ちゃんゲット。

返してくれんじゃろか(テ)
もしもーし
華麗にスルーされるテーオ。

また後ろにおるかもしれん(テ) ワクワク♪
後ろいるかな~

おらん、誰ひとりおらん(テ)
ありゃ

あっちがおもしろそうやねん(紗)
すいすいすい~と
あっさり心変わりされるテーオ。

このやり取りの間、棒切れをふたりが咥えて泳ぐという、ナイスシャッターチャンスを思い切り逃しました。あまりの微笑ましさに見とれていたという。ああ無念。
お昼時をまわり、わいのわいのと飲み食い犬談義に花を咲かせるころ、犬たちは少しの休憩。

とりあえず脱水かけとくわ(テ)
脱水装置犬
脱水完了後・・・。

あ、あれはもしかして!(テ)
(*゜ロ゜)ハッ!!
鼻に独特のよい刺激を感じたテーオ。しばし待つよう指示され期待は高まる。

待っとくけれども(テ)
待ってますよ
刺激に心浮かれる上に、父さんが他のわんこをナデナデするのを目撃。
俄かにふぃんふぃんと口達者になる始末。

ふぃんふぃんは致し方ない(テ)
まだか~

自分を正当化するテーオ。しかし、なんという顔でしょうか。テント下で歓談中のわたしたちに眼光鋭く訴えかけております。その暑苦しい目ビームが通じたのか、レオアブパパさんにお肉をもらい鼻の刺激は緩和。その後やっとこさ川に戻されこの恨めし顔も解消。よかったのぅ。

日中の気温の上昇に伴って、山際から沸き立つ入道雲。午後2時を回るころ、ゴロゴロ不穏な音が響いてくる中、帰り支度となりました。その支度すらも賑やかな一行。そして最後の締めは食後のデザートということで、スイカ食べ食べ記念撮影。

大人たちも楽しみまくる

至れり尽くせりな今回の日和佐旅。皆さんお世話になりました。このメンバーでの集いはわたしにとって自分磨きの時間でもあります。本当にありがとうございました。濃ゆくて極楽な1日でしたわ~。


スポンサーサイト






Recent Entries