上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーオ地方、相変わらずうだるような暑さです。昨年泳ぎを完璧マスターしたテーさんは、今夏泳ぎまくっております。泳いで泳いで、そろそろ指間に素敵な水かきでも出来始めるんじゃないかと。
そんなテーオの夏は既にクライマックスに達しているかのように、海を着々と制覇しております。今回は、またまた梅雨明け前の過去日記。場所はおなじみ牛窓ブランカビーチ(やっとしっくりくる名前が見つかりました。)

ひとっ風呂浴びるかの~(テ)
えぇあんばいじゃ

ブランカビーチはテーオにとっても安心して遊べる場所。と言うか体鍛える鍛錬の場所。そしてメンバーはこれまたいつもの強靭な肉体に、強靭な足裏の皮膚をお持ちのこの面々。

全てにおいて強靭です(ビ)
きらきら☆

でっかいやつ、ください。そのでっかいやつを(ブ)
ぎらぎら☆

ちっこいのは見た目だけ!なビッちゃんと、夫よりも物、しかもでかいほど燃える嫁ブランカさん。嫁は毎年?やってくる海からの使者(タイヤ)にメロメロ状態。この日も旦那、華麗にスルー。

はあ はあ はあ(ビ・ブ・テ)
体力には自信あります組

あはあはは♪な笑い声じゃないですよ、体力に自信みなぎるこのトリオは。常にはあはあはあと息があがっていて実にワイルド。
ぬぬぬ~(テ)
カワウソ泳法

テーオの泳ぎはなんかカワウソを連想させるな・・・。ぬるりんとした上陸直後の質感も似とるかもしれん。ブランカさんはシロナガスに、テーオはカワウソに進化(←ほんとに進化なのか?)。UMAを目指すある意味似たもの夫婦ということで、そんな彼らを満足気に眺めるわたくしなのでした。

しゃー!獲物げっと(テ)
ぬるり~ん

しばし海を堪能した後、例の如く足裏滲み病になり急にトーンダウンしたテーオ。砂浜に横たわり、永遠に海を駆け行く嫁を眺めておられました。

さてお次は、しまなみ街道を走り「海遊び-大三島編-」!

スポンサーサイト

7月25日。元気の命日。この日は3年前と同じく、真っ青な空と太陽の7月生まれの元気にぴったりな天気。そんな夏の日の夜、元気は旅立ちました。
毎朝元気の遺影に行ってきますと声をかけ出かけるのも3年経ちました。時が止まっているような、3年以上、もっと離れているような矛盾した感覚は、昨年も今年もこれからも元気がいてくれた証として感じていくのでしょう。
行ってきます。この声でお気に入りのクローゼットの一角に潜り込んで上目遣いで「行ってらっしゃい。帰るの待ってるよ。」と答えてくれたなぁ。
元気がいた日常は、今はさらにでかい白犬へ。と、全てが宝ものな毎日を送っていることに気付かされる日でもあります。
この日、テーオと一緒に徳島県日和佐へぶらり旅。元気には「行ってきます」ではなく「一緒にいくかな?」
運動音痴でしたが、水となるとレトの遺伝子が黙っていない元気。テーオのそばには元気にーちゃんが一緒に泳いでくれていたはず。

水、水~♪

そして、帰り際に積乱雲と雷が。生前に大っ嫌いだったどんどろ様も、今の元気には怖くもなんともない存在。
夏の風物詩を憂うこともなくなりました。

風、心地よい~
お空で12歳を迎えた元気。これからもずっと我が子で、そしてテーオ&猫ズの心の兄です。


~日和佐で川遊び!のはしゃぎっぷり(犬&人の)レポはまた後日♪~



暑中お見舞い申し上げます。気が付けば梅雨がぱすっと明け、いきなり真夏に突入。
ちなみに渓谷編は、梅雨明け前のお話です。しかしながら、今見たらなんと涼しげな。少しでも涼を感じていただけると幸いです。
と、あえてこの時期に持ってきた感を漂わせてますが、ただたんにいつもののら~り更新という事実。オホホ。

さて、足尾滝を出発したテーオ一行は、お次の目的地であるキャンプ場での水遊びを目指して車を走らせておりました。木々の合間を抜け、川の流れを目で楽しみつつ進むことしばし、ある場所を通りかかった時、人間チーム2人の目がピカリンと光りました。

ここ、いいんでな~い?
楓の清流

通り過ぎた道を引き帰し、川を覗いて見たならば、ほどよい流れと深さも十分。なにより屋根のように川にかかった大きな楓の木が透明な水面に映えてなんとも素敵なロケーションでありました。

くみぞー家、急きょ目的変更。この楓の川で遊ぶのだ。さぁテーオよ、これを渡って澄み切った川に飛び込むがいい!

し、尻が前にすすまん(テ)
引け引けです

結構な年期が入った橋(板を渡しただけ)にキョドる方おひとり。半分渡ったところで橋は更に怪しくなり、真ん中が朽ち、下が丸見え状態に。そこでテーオは考えた模様。

橋、いらんわ(テ)
あきらめ早い
というか、あきらめた模様。

楓の根元は丁度よい休憩スペース
水きれい

早速泳ごうぜと促すも、躊躇するテーオ。実は横からの速い流れを受けての水泳は今回が初体験。それでも励まし調子に乗せて強引に深みへ誘導。

なぜか横泳ぎできるわ~(テ)
新たな泳法習得

川下に緩やかに流れ行くテーオ。この川、浅い~深い~浅い~深いという絶妙な高低があり、流れすぎても足が付くところに必ずたどり着くことができます。

寒いけど楽しいぞー(テ)
舌は紫気味

冷たい水もなんのその。ちょっと舌が紫気味になっても、無脂肪男だからってちょっと体が震えても、川遊びを堪能しておりました。川遊びの目的を達成し、冷えた体はひと山越えた温泉で温めスタンプ3個たまった!)、いつもの通り帰りの車で意識を失うテーオでございました。

さあ!真夏到来。牛窓、六口島、大三島。水場の遊びネタ、どんどんたまってきております。更に明日は徳島県日和佐の清流目指して行ってきます。海ガメにも会えるといいなぁ。


梅雨の合間にお天道さまぴっかり。そしてくみぞー家の人間チームの休みが合ったとならば、ぶらり地元探訪への思いがふつふつと。今回のテーマは『川遊び』。もちろんテーオ主体のテーマに、ナビゲートをかって出たのはくみぞー旦那。朝からパチパチキーボードを打つ手も軽く、探し出したるは県北に位置する真庭市の名勝「足尾滝」。旦那曰く、流れ落ちる優美な滝を眺めつつ滝壺で水遊びをするのだと言う。ジメジメしたテーオ地方を抜け出し、マイナスイオンを浴び爽やかにスイミング。よいではないか。よいではないか。

ということで、朝ご飯を食べてそろそろお仕事(昼寝)と、ほげ~としているテーオを車に詰め込みいざ出発。山陽道~岡山道~中国道~米子道。どんだけ道あるんな!って感じですが、1時間ほどで『足尾滝』周辺に到着。

そこはTHE 山の中。土曜日だというのに、だーれもいないわ、車も通らない。気温も数度低く実に涼やか。否応なしに滝への期待は膨らみます。スイミング!スイミング!と浮かぶおもちゃを用意し、ずぶ濡れテーオに備えて吸水タオルも常備。駐車場のすぐ横にある足尾神社という小さな神社の鳥居をくぐって階段を登ったところにありました。足尾滝。

癒し空間~~♪(一家ではもる)
滝好きな人の気持ちわかる

落差23m(30m以上との記載もあり)。水量はそれほど多くもなく危険を全く感じない空間です。そして透明度の高い水!さぁさぁテーオよ。滝壺で思い切り水遊びしようではないか!しっかり泳いでこーい!(おもちゃぽーん)

歩けるですよ(テ)
ぱしゃぱしゃ

極浅ーッ!最初の画像で滝近くに行ってる人がいるのでばればれですが、全然壺になってねーし。実は、滝を目の前にした時点で、人間チームの心は「ありゃ~っ」と残念な空気でいっぱいになっていたという。しかし、自然の美しさはまた別もの。真庭市の文化財にも指定されているこの滝をしかと堪能すべく、テーオも冒険心に火が付いた模様。

隙間がきになる(テ)
何があるかな
ちっさい冒険心ですな。

おもろいけど、足冷てぇ(テ)
どこまでも浅瀬
よかったね!浅くて!全身濡れんですんだがな!と目測の誤りを良い方に解釈。

これでいいのだー(旦&テ)
なぜか脱ぐ人
癒されて魂が洗われた感を表現するなぜか半裸の人と、
よく分からんがまぁ一緒に写ってやるか的なテーオ。

半裸の意味を問うと、水しぶきでずぶ濡れになるからとのこと。理由は実に普通でありました(笑)。
さて、名のとおり「足」の神様であるらしい足尾神社と足尾滝を堪能し、お礼とともに、テーオの足裏敏感肌が治りますように、そして滝周辺を走り回りやがったとかで余計に敏感肌にしないでください。もし可能でしたら、顔の毛も少し増やしてください。と、お願いをし(←お願いの比重大)ここを後にしました。
しかし当初のスイミングの目的は達成することが出来ず、吸水タオルはカラカラのまま。こんなこともあろうかと、実は次の目的地をきっちり用意していたぶらり地元探訪。

ぶらり過ぎて、その目的地があっさりとすり代わってしまったのだけれども。
その模様は次回、川遊び-渓谷編-で!



日本列島梅雨模様の中、一足先に梅雨空蹴散らす素敵ニュース!当初はどうなるのかと、大そう気になり待つことしばし。7月7日七夕様にとうとう現実になるぞー!と朗報舞い込み、そこで行われたある宴(あえてそう言う)。主役はなんとこちらのお方々。

素で主役はれます。
あぁぶらぼー

2ヶ月前はいもいもだったきみたち。すっかりホワイトシェパードになって・・・(T^T)感涙。そしてなんでそんなに美犬さんなの。テーオのおばちゃん、おヨダが止まりません。

・・・。変態トークになりそうなところを自制し、話を戻しまして。ツンツン母さんも、虎丸くんも、何やら総出演で、それはそれはホワイトシェパード祭りだったらしいよ。テーオよ。

むっ!(テ)         呼んだ?呼んだー?(ゆ)
こんにちは!こんにちはー!
あんたは、ゆきまる。「まる」違いですからね。ゆっきゅん。

・・・。だから話を戻しまして。なんとアニーズ犬舎の看板ホワシェパたち、テレビ局からオファーを受けて番組制作のための取材祭りであったのです!ツンツンが華麗に舞い、虎ちゃんはイケ面アピール。そしてツナっ子たちは、本能のままに皆を魅了する。そんな天国のような風景は、7月31日(土)19:00~「天才!志村どうぶつ園」で!!
その日は我が家まとめてテレビ前に横一列のフォーメーションを組み、視神経と脳をフル稼働させる予定。とーっても楽しみです。

そんな朗報を受けたテーオは、わたしが職場でもらったこんな感じのかわいい小ほうきを的に、甥っ子たちにエールを送ろうと大ハッスル。
(動画ちっさ!)
宴じゃー!(テ)

ま~つりだまつりだまつりだ。(テ)
ノってても顔自体がそんなにノッて見えないのが笑えるが。

んでもって・・・。

オトコの生き様さ

男道たるやの格言を残し、燃え尽きた漢(おとこ)ひとり。ぜ、全然エール、伝わってねーんじゃねーの?と真実を伝えるも、本犬やりきった感に包まれ、実に満足気。お掃除道具は掃除される側へ。ごめん小ほうきよ。そして、こんなおじさんでごめん甥っ子姪っ子たちよ。(笑)


まずは恒例のソングから…。
はっぴばーすでー ちーびたー!はっぴばーすでー まろんー!はっぴばーすでー くりんー!

3きょうだいは7月1日(推定)で4才になりました。誕生日を迎える度に思う、もうとまだ。
ちびたの腹をもみもみしながらおめでとうを言った4才の朝。あれからもう4年か。とまだ4年?の気持ち。何れにしてもこの日を元気に迎えれたことが嬉しいことこの上なし。

7月1日には毎年里親さんへメールします。そしてすぐに返ってくるお返事と元気な姉妹の写真付き。「ふたりとも病気一つせず元気いっぱい。そして猫好きなご近所の方に、ふたりの可愛さを自慢してます。」
このメッセージは、逆にわたしがもらった最高のプレゼントです。

ちびたとくりん、どっちがどっちでしょう(ち・く)
おちびん4才くりん4才
まろんの写真も楽しみにしつつ、姉妹の近状報告をいただける里親さんに感謝しております。



懐かしき大切な思い出
きょうだいタックル
これからもずっと元気でずっと一緒に。





Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。