上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅の画像をご覧になった方、もしかしたら何かに気付いているのではと、わたしはヒヤヒヤしております。ブランカさんの母さんには京都旅に出てから速攻気付かれましたが・・・。そして京都から帰ってから、さらにそれは気になり始め、生まれて初めてとうとうアレの烙印を押されてしまったヤツがおります。

なやみむよう・・・。アッコの声が頭にこだまする・・・。そうです・・・。


ぼくはうす毛になったそうです(テ)
自分では見えないのですが・・・

京都2日目を堪能されたブランカの母さんに買ってもらったお土産の「晴明神社の陰陽師手ぬぐい」。うす毛への御利益を期待し、張り切って巻くテーオの図。(誤った使い方の代表)

毛根のみなぎりを感じます(テ)
キテマス!キテマス!

これで生えたらわたしの父にも速攻巻かせるわ。いやしかし信じるものは救われる!かもしれんしな。しかし素敵な手ぬぐいありがとうございました。巻いて遊んだり(←やっぱり遊びだったのか?)テーオルームの暖簾としたり、邪気を祓いお部屋を清めてくれてます。

うす毛、うす毛と連呼したら、たまにはテーオもいじけます。一応お外では、狼って言われたり、もののけのって言われたり、テーオもそれなりに自分を勘違いしている部分も多少あるでしょう。でも現在は、うす毛=ハ○゛の一歩手前ですわな。まだ1才なのに。若ハ・・・。いやじゃー。母はいやじゃー。
なので、お清めの手ぬぐいの後は、ポジティブシンキングなマインドを作りましょう。笑ったり前向きになることで、ガン細胞すら死滅することもあると言う。なので、ハゲなんか(←はっきり言うとるがな)悩んでないで毎日を前向きに楽しもうではないか!

これで・・・。

・・・・・(テ)
鴨さん

こちらはwish母さんからのプレゼント。ヘロン(鷺)好きなテーオに鳥さんのおもちゃを下さいました。うす毛を連呼され凹むテーオ。これでテンションアップ間違いなし!

っしゃーー!毛根きたーー!(テ)
内側から活性化を目指します
ピプピプピプピプーーーッ

恐ろしいほどのピプピプ甘噛み戦法。あくまでもソフトタッチに、尚且つ激しく!こりゃ楽しそうです!本当に悩み無用なお顔じゃないですか。

聞いてくれる?多感期のボクに向かってうす毛、うす毛って(テ)
種を超えた何かが芽生えたらしい

友情芽生えてみたり。メンタル面のケアもきちんとこなす鴨さん。よいお友達をwish母さんありがとう。
夜中に突然悩み相談しているらしく、ピプーッ!と聞こえてきたりしてますよ。

アレルギーってなに?(テ)
デリケートスキンな男

邪気を祓い、メンタル面を強化することは出来ました。後はきちんと治して、毛ぼーぼーにすることのみ。そうなのです。目の周り、マズル周辺の赤味と脱毛。先週病院でアレルギーの疑いありと診断されました。直接の原因は現在不明。症状が出始めた時、フードを変えたことが思い当たり、現在は元に戻し、時を同じくして与えていたものを控えるなどして、症状の様子を見ております。ただ、初診の目視でアレルギーの疑いと診断し、そのままの方針で進むのは危険とのアドバイスをいただき、他の原因の可能性をも含めて再受診する予定です。

ちなみに、痒みはほとんど無い様子。掻き壊すことはありません。なので母の心配は知らぬ存ぜぬ。今の所はそれが救いですが、今わたしの欲しいもの。「毛」。やっぱり頭にはあのテーマソングが流れ行く・・・。

スポンサーサイト

遅くなってしまいましたが、只今より、バイオセーフティレベル4クラスの萌死危険画像を公開いたします。萌えすぎて息がくるしい、萌えすぎて瞬きの回数が減りドライアイになった、いやむしろその渇きが快感・・・など様々な萌え症状が現れる場合がございます。そのような場合でも当方は責任を負いかねますので、これより以下は自己責任においてご覧くださいますよう、お願い申し上げます。
ちなみに、箱ティッシュを小脇に抱えていただくことをお勧めいたします。(鼻血対策)


タイトル:天使が居ます場所。見るもの全部に興味津々


タイトル:真芽ちゃんのつぶやき「天使の世話疲れた」
えへ。


タイトル:生天使たち(以下8枚)
泥ついても可愛さが増すって・・・

水溜りで滑ってころんだところを主人公の少年に見られ、テレながらも「おはよう(エヘ)」と声をかけるヒロイン風(太陽系なみの広がりを見せる妄想)


すいません。グランツくん。

停留所でバスを待っているところに、猛スピードの車。そして激しく跳ね上げる泥水。お気に入りの洋服が!!・・・目を開けると不思議なくらい汚れていない自分に気付く。その時、「大丈夫ですか?」。ひとりの少年がわたしに声をかける。見るとその少年はずぶ濡れ・・・。そう、とっさにわたしをかばってくれたのだった。それがその少年との出会いだった。(銀河系なみの妄想)
本当はテーオが泥の中でグランツくんをこねくり回しました!グランツくんごめんよ!!

・・・わたしの妄想にキリが無いので、以降は各自で萌えストーリーを妄想し、楽しんでいただければ幸いです。

百茂ちゃんと仲良しちゅう


百茂ちゃん、見つめてはダメです。見つめては~~(*´д`*)


ぬお~(*´д`*)ポッ。なにこの罪作りなお子は!


お手々が~お手々が~(*´д`*)


前科持ってもいいです。誘拐します(*´д`*)


悩ましい表情のあなたは、もしかして林檎ちゃん?(*´д`*)



わしも天使じゃ!(ウィ)
wish smile!


ほんならぼくもじゃ!(テ)
ニヤケテーオ

兄さんチームも天使度アピール。ふたりとも、素敵なキャラを発揮し、楽しませてくれました。ピー子ふれあいツアー本当に楽しかったね!
そうなのです。くみぞー家はこの1日で終わり。旅の目的を果たした我々は、琵琶湖に佇むオシャレなドイツ料理店のテラスで祝賀会です。飲んで食べてここでも大いに楽しみました。琵琶湖湖畔で軽く食後の散歩をした後、実に名残惜しいお別れとなりました。

この旅でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。

今でも子犬たちの様子が鮮明に思い出されます。現在はみんな新しいご家族のもとへ旅立ち、スクスクと大きくなっていることと思います。いつかまた再会できることを夢見る今日この頃です。

コメ返しが遅くなっております。すいません。どうかお許しを~~



待ちに待ったピー子たんたちとのご対面。ここから林檎ちゃんママさんと合流。子犬のいる場所へ案内いただき、はじめまして~と顔を覗かすと、触ってくれ触ってくれ!と一気に団子状態のピー子ちゃんたち。なんと人懐こいのでしょう。一歩中へ入ると足元はピー子ちゃんたちにまぶりつかれ歩けません。こんな歩行困難、毎日でも味わいたいものです。
そしてwishくんもほ~れ!とお子の中へ入れられる。その時の彼の表情はまさに困惑。もちろんお子たちは、わーわー!でっかい兄ちゃんーとばかり、wishくんを取り囲むのですが、あまりの迫力にwishくん、出るのじゃ~!と入り口に退散してしまいました。
そんな様子があまりに可愛らしく、その場がさらに和んだのは言うまでもありません。テーオは車で待機中。お子を前にどのような態度を示すかは、この後向かうドッグランまでお預けとなったのでした。

仲良しです。
かわゆすぎ


カメラ目線ばっちり。だからかわゆすぎますって

みんなどの子も、しっかり目を見て語りかけてくれるのです。そして、呼ばれることがこの上なく嬉しい彼ら、おいでの言葉ですっ飛んできます。犬も人も大好きなピー子ちゃんたち。こりゃわたしたちが一瞬で魅了される訳ですわ。いやーまいりました。
挨拶が済んだところで、ピー子ちゃんたち全員を車に乗せて向かうはドッグラン。真芽ちゃん百茂ちゃんももちろん一緒。さて、お子たち初のドッグランの様子は?

よーい!
みんなで並んで


どーん!!
Iお目目キラキラ

全く怖気づく様子なし。むしろ興味津々お目目キラキラです。またも我らの黄色い声がランに響くこととなったのでした。
にわか保育士さんとなったwishくんとテーオ。フリーにされたテーオはwishくんに近づく場面もありましたが、こちらの声かけにしっかり反応してくれました。また、wishくんはテーオを上手く受け流してくれ今回は意地の張り合いはなし。ホッとしました。本当に。それより彼らが注目したもの。それがピー子ちゃんたちでした。

いっぱいおるね(テ)
メラメラ
テーオ何かが目覚めた瞬間です。

ほんま、おるね(ウィ)
む~ん
wishくん、真芽さんと一緒に見守ることに決めた瞬間です。

そうなのです。wishくんは見守り隊隊長。テーオは教育し隊隊長に変身してしまったのです。

あいさつ完璧。入隊決定!(テ)
そんな強引な・・・

テーオがこれからどんな態度を示すのか興味津々のわたしの目に映ったもの。

みんな付いてきなさ~い!(テ)
その気になっております。

百茂ちゃんもねー(テ)
かまいたいのです。

テーオ、何か使命感を持ったお顔してないか?そして、おそらくお子たちひとりひとりをチェックしたのであろう、絶対女の子をつけ回すと確信していたわたしの予想を大きく裏切り、テーオの対象は男の子であったのです。そして、テーオオリジナル男道を伝えるべく、テーオ道伝道師と化したのです。(う~ん迷惑)

男というものは・・・(テ)
むふむふー


まだ話は終わってないぞー。男というのはー。(テ)軽く無視され気味


強い者の前では素直にならねばならぬのだ。よ~し合格、入隊決定。(テ)多分、いや絶対迷惑
あの、あなた素直になれてないと思いますが・・・。

自分のことはちょいと棚に上げて、一生懸命伝えておりました。年端も行かない幼子に、このような態度をとる意味をピーちゃんママさんにお伺いしたところ、自分が受けた刷り込みの中からの経験として教えているのでしょうとのこと。これでもまだ優しい方ですよと言ってくださり、ちょっと安心しました。
テーオに強引に入隊勧誘を受けた男の子はふたり。その中でも、一番体の大きな男の子に実に熱心で、泥んこになるまでかまいまくったテーオでした。

この子、弟にしたいです(テ)
勝手に決めないように!

残念ながら、テーオの願いは叶わず。一番大きな男の子は、現在グランツくんという素敵な名前に。
いやー。ピー子ちゃんたち本当に可愛かったです。今ではそれぞれ新しいご家族の元で、笑顔を運ぶ存在となっていることでしょう。
次回は、たっぷり撮り溜めたピー子ちゃん画像特集で。さらに悶絶間違いなしです。


消えかけてました。危うくここから消えますっ消えますっ(飛びますっ風に)しそうでした。(笑)
いけないいけない。さて、気を取り直して、今でも思う・・・。
『あぁ。楽しかったなぁ。あの京都をもう一度・・・(*゜‐゜)』京都バージョン再スタートいたします。

※9月3日くみぞー家は日帰りピー子ふれあいツアーin京都。旅の大まかな内容についてはこちら
※出発から三木SAまでの模様はこちら

軽快に出発して2時間、三木SAでつい時間を潰してしまった我々は、ここからノンストップでピーちゃん家が待つ下鴨神社へ車を走らせました。カン(感)ナビという実にいい加減なものしか搭載していないくみぞー家、wish母さんに頼りっぱなしで走ること1時間少々。ナビゲート感謝感謝でございます。
予定時刻より15分ほど遅刻した我々。もちろんピーちゃん家は既にご到着し、待っていてくださいました。再会のご挨拶と遅刻のお詫びの声をかけた矢先に目に飛び込んできたもの。我々の声は一瞬にして黄色い声色に・・・。

百茂(もも)ちゃんです。(も)
百茂なの
一同萌死に。

百茂ちゃんは有色紀州犬です。お伺いすると、その昔紀州犬は有色の方が多かったとのことですが、様々な理由から、現在紀州犬の定番カラーとなっている白が多く作出されるようになったとのこと。現在は紀州犬の中で有色紀州犬は数%ほどの割合になっているそうです。
生粋の紀州犬、百茂ちゃん。どんな魅力を開花してくれるのか。イヤハヤ、新しく家族が増えるとのこと、伺ってはおりましたが、まさかこの日にお披露目いただけるとは夢にも思っておりませんでした。まさにサプライズな演出。どんだけ興奮すればよいのやら、恐るべし京都旅。

散々黄色い声を浴びせられても動じない百茂ちゃん。わずか生後2ヵ月少々とは思えぬ肝の据わったお顔。さすがでございます。その百茂ちゃんとともに、柴犬の真芽ちゃんにも挨拶し、一同は世界文化遺産下鴨神社境内「糺の森」を散策しつつ、ピーちゃん家お勧めの、激ウマみたらしだんご屋さんへ向かうのでした。

百茂ちゃんなでなでサービスタイム(も)
これがコドモってイキモノね
園児たちに百茂ちゃんを紹介するピーちゃんママさん。

人間のお子、大喜び。子犬も人好きに、子供も犬を可愛がる。なんとも素敵な相乗効果ではないですか。そしてこの風景。
テーマソングはもちろん
張りつめた弓の~

糺の森。日ごろ邪念にまみれがちのわたしの心が洗われるような、神住まう森。平日ならではのゆっくりとした空気、人もまばら。森からしっかりと精気を吸収できたかの気分になりました。

メラで。
もののけたちだけ~

途中の石碑で記念撮影。振り向き様のポーズが決まる百茂ちゃん。
きりり!

せっかくですのでわたくしめも(テ)
ぽげ~


しばらく歩き森を抜ける頃、森から清められた体はちゃっかり腹が減ったようです。(やっぱり邪念が払えない・・・)
みたらし団子発祥の地「加茂みたらし茶屋」へ到着。お店の方のはからいにより、お店の庭で犬とともにみたらし団子をいただくことに。
期待むんむん


すいません!おかわり!
元祖みたらし団子

下鴨神社糺の森のみたらし池に湧き出す水の泡を形取って作られたというみたらし団子(聞き間違っていたらすいません)だそうです。わたくし、和菓子にめっぽう目がございません。高校生の時の修学旅行で、栗しぐれを一袋おやつに持って行き、友人との交換率が一番低かった実績があります。みたらしも好物のひとつ。しかも発祥の地で食せるなんぞ、なんという幸せ者でしょう。さらに、山椒が振りかけられたお団子をサービスしてくださり、わたしの脳内幸せメーターは振り切れんばかりでした。

その後、幸せな腹を抱えて糺の森をひき返し、お次の目的地、嵐山へ車を走らせます。

渡月橋とぼく(テ)
ホワイトシェパードin嵐山

こちらでの目的は、嵐山渡月橋上流一帯の大堰川を屋形船で遊覧しながらの昼食。なんて雅な。しかも犬まで乗船OKとは。嵐山で犬と川下りという強引な希望を、素敵な形で実現して下さったピーちゃんママさんに厚く御礼申し上げます。
遊覧は約1時間。船頭さんに導かれ、座敷船に乗り込みます。船首にはwishくんが鎮座。

ようこそ嵐山へ!(ウィ)
わし船頭する!
船頭さんより板についております。

船尾にはテーオがスタンバッております。特に役はございません。

景色を愛でる役目です(テ)
でっかい水溜りですね
それは役目とは言わない。


お水!お水!(も)
水がわたちを呼んでいます!
百茂ちゃん興奮!

船の端をガリガリ登ろうとする百茂ちゃん。向かう先はいったいどこへ・・・。わたしの横で果敢にチャレンジする百茂ちゃん。ベリーキュートでした。真芽ちゃんは長机の下でお利巧に待機して、気色ばむわたしたちを冷静に観察しておられました。

蓋を開けるとそこには・・・ぶらぼー!

楽しみであった重箱弁当。味付けはとても上品。そしてこのロケーション。人生至上最も優雅な昼食ではなかろうか。目を辺りに移すと、山際にはトロッコ列車が走り、保津川から下ってきた観光客の方々は白い大犬に皆笑顔。1時間の遊覧はあっという間に過ぎ、船を下りた一向は、嵐山散策へ。(画像をポイントしてね!)

嵐山を歩く


竹林を通り抜け


確か縁結びの神さまだったような


ひばりちゃんと記念撮影


気にしないでください!ゴキュゴキュ(テ)
水うめ~

秋の足音聞こえど、まだまだ暑かった嵐山。川面に近づくやいなや、テーオクールダウン。もちろんwishくんもザブザブやっておりました。しかし皆さん犬に好意的でした。こんな中でも、暑いよね~と話しかけてくださったり、記念撮影させていただいた施設の方もどうぞどうぞという感じ。世界的な観光名所にも関わらず懐が深い。さらに嵐山が好きになってしまいました。

この日の前半の行程が無事終了し、いざメインの後半へ移ります。もちろん、ピー子ちゃんたちとの戯れタイム。この時を、生を受けたその時から楽しみにしていた我々ですから!鼻息荒くピーちゃんママさん宅へ向かうのでした!

そして・・・!


わーわーわーわー!(ピー子ズ)
すいません。まいりました。
2度目の萌死に。


復活したと思ったら、いきなりボリューミー!!画像多用の京都レポは次回へ続く。


9月3日くみぞー家は日帰りピー子ふれあいツアーin京都。旅の大まかな内容についてはこちらをどうぞ。

午前10時に京都着を目標に逆算し、はじき出された起床時刻4時。案の定、定刻厳守できたのは夢で一足早く京都からお帰りの・・・かどうかは知らんが、くみぞー旦那。わたくし気付けば5時前。こりゃいかん!Bridgeさんとの待ち合わせ場所へ~と、5時15分ころ競歩並みのスピードで向うと、Bridgeさん既にご到着。早朝から汗ばんだ女(くみぞー)を乗せ、我が家まで車で向かっていただき、ここから一緒にwish母さん待つ吉備SAへ出発となりました。

吉備SAで、お久しぶりのwish母さん、wishくんと合流。わたしの中で、ある意味「裏楽しみ」であった、男たち2頭の関係がスタート。この男たち、わずか10日違いの誕生日という叔父さん(wishくん)、甥っ子(テーオ)という関係ながら、幼馴染なふたり。今回の旅は、ブランカさんがお留守番のため、ある意味、男ふたり旅なのです。(濃)
わしが広島のwishじゃけんのぅ。ほ~ぅ、わいが岡山のテーオ言うんじゃ(ちょっと尻すぼみ)!隣の高校で張り合う長ランwishくんに、短ランテーオ。おぉ。もうそんなに成長したのだなぁ。などと妄想を膨らませ、この旅でふたりがどんな関係を築くのかがわたしにとっての、不安もちょこっと、でも期待度大の「裏楽しみ」でありました。

久々に対面したwishくんは、相変わらずかわいい。すごく堂々としていて男の子らしいのですが、やることなすこと、そして表情が全て愛らしい彼なのです。wishくんを呼ぶにもつい、「うぃっちゅきゅん~」となってしまう、Bridgeさんとわたし。本当に本当に愛らしい彼なのです。
やはりテーオにも堂々としたもの。日ごろからドッグランで兄貴や弟たちと体育会系な日々を送られているとのこと。テーオへの態度もぐっと成長した感が伝わってきました。ひと目(もしくはひと嗅ぎ)でテーオと男道の張り合いをするまでもないと判断したであろう態度なwishくん。
反対にテーオは、wishくんに弱味を見せまいと、必死な態度ありあり。気も高ぶり、しっこ中にうんこをひり出すという失態を早々に披露。お陰で片尻と足にうんこをつけ、ゴシゴシ洗われる様子をwishくんにばっちり見られてしまいました。(笑)
テーオ、男として実に不利。今のナシナシ!お蔵入りにしてください!とテーオも内心思っているに違いない。(いや、まさか。どうだ!同時にできるんだぜ的に誤った自信に繋がった可能性も・・・。)

さあ順調に車は走り、朝ごはん休憩のため、ドッグランが併設してある三木SAへ。ここが我々の目測を誤らせたお楽しみスポットに変身してしまう結果となるのですが・・・。
ドッグランの横には犬OKテラスがあるというシチュエーション。ここでは先にwishくんがランでひと遊び。

かーちゃーん♪わしボール取ってきたよ~(ウィ)
うきゃ~

そのころ、テーオ隣のテラスで・・・。

ぽつねーん。(テ)
おーい。おーい。

待っております。
実はこの時わたしがテーオを一緒にフリーにする勇気がありませんでした。前回wishくんと遊んだ際、ふたりともこちらの声にしっかり反応できていたという事実があるにも関わらず、テーオはたまたまだったのではないかと不安が先立ってしまったのです。旅が終わった今思うと、テーオよ信用してやれんですまなんだ。わたしのいらぬ心配は百害あって一利なしであると反省しきり。場を踏まれているwish母さんは堂々としてるはずだわ~。

くんか!くんか!(テ)
情報収集中

そして、交代。せっせと情報収集に勤しむテーオ。この時もまたうんこして、後ろ足に運が付く。どうなっとんじゃ。

この後、焼き立てパンを買い込み、テラスでくつろぐ我々。テーオの薄毛の悩みから、ブランカさんも同じ悩みを持つことが判明し、レディース用ズラデザイン案にまで話は及ぶ。wishくんの柱にもたれすぎて、にゅ~んとなった顔でそのまま休み続けるマイペースさに癒される。また、大型犬が好きなのであろう方たちに、撫でられ、なぜか肉球を見せてくれと要求されるwish&テーオ。あの~京都はまだ先ですが・・・。という天の声に気付くのは1時間ちょい後となるのであった。



素敵姉さんハッピーちゃんが玉のようなお子を生まれて早2ヶ月半。必ずやお子を触りまくり、まみれることを誓った者たちは、9月3日・4日とピー子ふれあいツアーを決行しました。
我々の要望以上のツアープランを組んでくださったハッピー母さんこと平風さん待つ京都へいざ行かん!!
その者たちは、wish母さん、Bridgeさん、そしてくみぞー家。ブランカさんはおうちでお留守番でしたが、wishくん、テーオというむんむん若者組も一緒の4人2犬の旅となりました。
残念ながら2日目の都合がつかなかったくみぞー家、泣く泣く昨日岡山に帰ってきたわけですが、1日だけでも激しく充実した旅となりました。

まずは旅の概要。ピー子ふれあいツアー1日目は・・・。
AM5時半過ぎ、Bridgeさんと合流し、ともに山陽自動車道吉備SAで待つwish母さんの元へ。

AM6時15分(細かい!)吉備SAでwish母さんと合流。wishくんとテーオ、約4カ月ぶりの再会。
久々の再会とツアー実現を喜ぶ飼い主たち。犬たちはテーオから軽く威嚇のご挨拶。(肝が小さい)
幼馴染みのwishくんが気になって仕方ないテーオ。気持ちが高じてか、しっことうんこ同時出力し、後ろ足にうんこを付けるという失態をやらかす。旅の早々運が付いてよかったがな!と、母は苦笑いしながら水洗い。そんなこんなでさっそく京都に向け出発。

AM7時半前、ドッグラン併設の三木SAで朝ごはん休憩。
旅の期待感に舞い上がった我々は、ここでも遊び過ぎてしまう。結局小一時間以上過ごすという・・・。

AM9時前、三木SA出発。ノンストップで待ち合わせの下鴨神社へひた走る。

AM10時15分ころ、無事下鴨神社到着。wish母さんナビゲート本当にありがとう。
神社の駐車場では、平風さんが小脇に何かを抱えて待っていてくださいました。その小脇にはまさにサプライズ!それはまた後ほど。

下鴨神社境内「糺の森」を散策し、うんまーいみたらしだんご屋さんへたどり着き、団子を頬張る。3本ぺろりんと食べちまいました。その後、車に戻り、嵐山へ向かいます。

お昼は、平風さんお勧め重箱弁当を持ち込み、嵐山渡月橋上流一帯の大堰川を屋形船で遊覧。
船先にはテーオ、wishくんは船頭さんと船尾にステイ。船の両端に白い大犬が居座る珍妙な風景を笑いながら通り過ぎる川下りのお客さん方。
1時間の遊覧を楽しんだ後、嵐山散策。そしていよいよピー子ふれあいツアーの主役である、お子たちと初対面。お仕事を終わられた林檎ちゃん(ピーちゃんのお子)ママさんも合流し、お子たち初めてのドッグランへ!

PM16時すぎ、ドッグラン到着。wishくん、テーオ保父さんとなる。そして気になる男同志の張り合いの行方は??
その後、ピー子たちはおうちに帰り、我々はドッグランでお留守番。その後再び合流し、夕食会場の琵琶湖湖畔にあるドイツ料理のお店へ。

PM19時ころ。ドイツ料理ヴュルツブルクハウスで乾杯。wishくん隣の席のお姉ちゃんたちにモテモテ。食後は琵琶湖湖畔を少しお散歩しPM21時を回ったころ、1日目の予定すべて終了。

PM21時すぎ、皆さんとお別れ。実に名残惜しい。しかしながらまたの再会を楽しみにし、くみぞー家出発。wish母さん、Bridgeさんは京都泊。2日目は林檎ちゃんパパも参加し、さらに盛り上がったことが予想されます。そのご報告は、2日目参加チームにバトンタッチ。


初の犬連れ京都探訪、ピー子ふれあいツアー1日目のみの参加でしたが、その中で、wishくんとテーオの成長、そして意外な彼らの一面を発見できたり、サプライズのプレゼント、さらに子犬天国と、心の満足度計は振り切れっぱなしでした。
その詳細は画像とともに追って記していこうと思います。


明日、テーオと日帰り京都旅行に出発します。朝4時に起きようと思っています。目標は10時には必ず床に入ることでした。只今0時5分。日が変わってしまいました。明日じゃなくて、今日になりました。
ちなみにくみぞー旦那は目標を難なくクリアしており、夢で金閣寺方面を散策している模様。

夜になると、根拠無き自信がみなぎるのです。「朝の3時でも起きれるわー!」と。そして自信の根拠は解明されぬまま現在に至る。一抹の不安・・・。

いっそのこと、寝まいか・・・。そんな囁きが頭の片隅に浮かんだり消えたり。



・・・・・Zz(テ)
なに見とんじゃ
・・・やっぱり寝よ。


ということで、初の犬連れ京都探訪。4時間後スタート。




Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。