上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で46年ぶりの皆既日食。
昨日は、観測絶望視してしまうほどの雨模様。午後3時ころから小雨となり、翌日の天気予報は日中に晴れマークが現れる。こつこつと小道具を用意する手にも力が入って迎えた本日。
縁あって日食観測イベントにかかわることができ、本日世紀の天体ショーを目の当たりにいたしました。中国(上海・武漢)、奄美大島、硫黄島からのライブ中継。その中でも硫黄島の皆既日食はすばらしかった!その場にいた全員でなぜか拍手喝さいが巻き起こる。本当に神々しい一瞬でした。

岡山での部分日食は11時2分過ぎに最大となるころ、わたしの知らないところでも神秘を共有している方々がおられました。

こんな暑ぃ~時間になにかの(テ)
むーん

おもむろに庭に連れ出されたテーオ。手前は日々大きくなるテーオ隕石によるクレーター。


とーちゃんは上ばっかり見とるし(テ)
ひまです

くみぞー旦那は狙っていた。世紀の瞬間を。

そして。


宇宙の一部になった気分です(テ)
ツーショットです
テーオ&部分日食

が、ものすんごい高性能なレンズなどありませんのでこの程度。しかしながら、三日月状態になりながらも地上をこんなに明るく照らし続けるお天道様。ありがたや。ありがたや。そんなテーオとのデュエット画像。

テーオの頭上で輝く実際のお天道様はこんな感じでございました。

岡山10時26分ごろ


岡山10時40分ごろ

時を同じくして、わたしの職場で撮影した部分日食の様子です。

まさかテーオと日食が画像に収まっているとはつゆ知らず。部分日食とツーショットした犬として、テーオ一生のよい記念になりました。
そして!先週遊びに行ったドッグカフェBridgeさんのオーナーさんにも日食のことをふれ回ったわたし。Bridgeさん、しかと感動を共有してくださったようです!

日常=あたりまえな現実は、実は気づかぬ不思議・奇跡がそこらへんに転がっているのが現実なのだなと、天体の奇跡に教えてもらった気分でありました。日本で観測できる皆既日食は26年後(しかも中部・関東地方らしい)。


このイベントで知った面白ソフトウェアMitaka個人のPCにダウンロード可能です(スペック要チェック)。これで宇宙を旅することができます。わたし、宇宙の果てまで飛んで行ってみました。が、余計宇宙の概念が分からなくなり、引いては自分がナンなのか分からなくなったというおまけが付いてきました。もう哲学の世界ですな。そんな迷路に迷い込みたい方もぜひに!

スポンサーサイト



Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。