上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『返答に困るわ集』にたくさんの困るわコメントをいただき、大いに楽しめました。ありがとうございました。『やぎ』はやはり定番ということも判明。ちなみに、数日前くみぞー旦那から報告がありました。ウォーキング中の年配のご夫婦の前を通りすがったところ、旦那さんが奥さんに言った一言。
「あれはな、おとこじゃ」

。。。どこ見とんならー!と。「雄、男の子」ではなく「おとこ(漢とかいて「おとこ」と読む。みたいな)」ですよ。くみぞー旦那はちょっと誇らしかったとのことでした。(どんなネタなら!)  以上!!


さて、話は戻りまして。。。昨日7月11日(土曜日)は盛りだくさんな日でしたわ~。
出だしからして、盛り盛りでしたから、1日分合わせたら、どんなのかと思うほどです。その出だし部分のお話。
お出かけを控えた朝の散歩。これから待つ出来事のために軽くウォーミングアップとしましょうか。と、いつもより軽いコースで出かけました。人間2人とテーオで田園風景の中、農道をチャリチャリ順調に進むこと中ほど。ギャオギャオと鳴きながら飛ぶ鷺数羽が我々の頭上を通りすぎたところでそれは起きたのです!!!

左後方で、「どっぼーーーん!」の水音。しかも大音響。

振り向くといつもの定位置にはテーオはいない。

そのすぐ左に通るは田んぼの用水路(ヘドロたっぷり)。その中に首から上だけ出している呆然としたテーオの姿、発見。
用水路の淵に手をかけるものの水深があるためか這い上がれない模様。暴れることはなくそのままちょっと前進してみたり後退してみたりと明らかに本犬も何が起きたのかわからない様子。用水路の構造上、どう考えても降りてやらねば戻ってこれなさそうである。
くみぞー旦那がいそいそとヘドロの中に降り、テーオの尻を持ち上げ、わたしは上半身を引っ張る。ぬおーんとドブ臭を身にまとい陸揚げされたテーオ。
いや~~<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...鷺に見惚れちゃてさぁ~なテーオは体をブルブル。ヘドロ機関銃により、ヘドロ蜂の巣状態の人間たち。臭い。臭い。もわーんと臭ーーーい!

そうなのです。頭上で鳴き叫ぶ鷺に気をとられ足を踏み外したらしいのです。リードを持つくみぞー旦那はとっさに離したため、首が絞まることなく事なきを得ましたが、のどかな田園風景にこんな危険が潜んでいようとは。しかも空に。ごめん、テーオよ。いつもやや後方をテケテケ付いてくるので、気付かんかったのだ。しかも一緒に鷺を見上げていたのだよ。(言い訳)

うひうひうひひ~
うほほーうほほー

この時はまさかあのような悲劇が待っていようとは夢にも思わずイノシシ走りを繰り出す散歩前の絶好調なテーオ。

そんなに見るんじゃね~よ。ボールでも嗅ぐか(テ)
え、え~と

ドブ臭を振りまき、残りの半分を帰ってきた直後の図。毛の中にみっちり入り込んだヘドロに呆然。

なんか、臭いよ。かーさんか?(テ)
にへら~

違うわ!あんたじゃ。きちゃねー顔してからに!あぁこれから大事なお出かけが待っていると言うに。水洗いだけではこのむーんとしたドブ臭は取れるはずもなく。しかもかなりの汚水。ヘンな菌に感染したらどうすんじゃ。急いで風呂じゃ!風呂ー!!
奥義ミゾ落ち。歴史的な間抜け具合を披露した出来事となりました。

で、翌日。今日ですね。現場に足を運んでみましたら。。。

これ以上前へ行けん!(テ) 
むーん( ̄~ ̄;)

お手手に力が入るテーオ。なのでした。

盛りだくさんの日曜日は始ったばかり!お出かけの様子は次回へ続く。

スポンサーサイト



Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。